白菜の【しん】を使った副菜 3品

今が旬の白菜

あなたは「しん」と「葉っぱ」どちらが好きですか?

今回は、食感と甘みが魅力の白菜の「しん」を使った副菜を3品ご紹介します。しん派はもとより、葉っぱが好きすぎてしんを余らせがちな人にもおすすめです(笑)!

 

ではでは、どうぞご覧ください。

 

●『白菜のしんのきんぴら』

材料(2人分)

白菜のしん……5~6枚分(約300g)

赤唐辛子の小口切り……1本分

ごま油

砂糖

しょうゆ

 

作り方

白菜のしんは、繊維にそって食べやすい長さの細切りにする。鍋にごま油小さじ2を強火で熱し、赤唐辛子、白菜を入れて1分ほど炒める。砂糖、しょうゆ各小さじ2を加えてさっと炒め合わせる。

 

白菜できんぴらなんて、珍しいでしょ? 柔らかくなった甘辛のしんが最高ですよ♪

 

●『白菜のしんの甘酢あえ』

材料(2人分)

白菜のしん……5~6枚分(約300g)

 

〈甘酢〉

酢……大さじ2

砂糖……大さじ1

塩……小さじ1/2

水……1/4カップ

 

ゆずの皮……少々

 

作り方

白菜のしんは、繊維にそって食べやすい長さの細切りにし、ボールに入れる。甘酢の材料を小鍋に入れて煮立て、白菜に加える。さっとあえ、皿2~3枚をのせて重しにし、20分以上おく。器に盛り、ゆずの皮を散らす。

 

一度煮立てているので、甘酢の酸味もマイルド♪ 汁ごと食べても◎ですよ。

 

●『白菜のしんのピリ辛ごまみそあえ』

材料(2人分)

白菜のしん……5~6枚分(約300g)

 

〈あえごろも〉

白練りごま……小さじ2

みそ……小さじ1

豆板醬……小さじ1/4

 

作り方

白菜のしんは、繊維にそって食べやすい長さの細切りにし、鍋に敷きつめる。水大さじ2を回し入れ、ふたをして中火にかける。7~10分、くたっとするまで蒸しゆでにし、水けをきる。ボールにあえごろもの材料をまぜ、白菜を加えてあえる。

 

淡泊なしんに、こっくりごまみそ味が合う~。豆板醬のピリッと感がくせになりますよ♪

 

う~む、まだまだこんなに可能性があったなんて……こやつ、なかなか侮れぬ。

白菜の「しん」を使った副菜、ぜひぜひ作ってみてくださいね。

 

料理/本田明子 撮影/岡本真直 文/編集部・持田

『オレンジページ』2019年12月17日号より)

Source: オレンジページ☆デイリー