温活しながらむくみケア♪お手軽「白菜とわかめの生姜味噌汁」レシピ

ステキな朝時間を過ごされている朝美人アンバサダーのみなさんによる、スペシャル連載コラム!国際薬膳調理師の倉口ゆうみさんに、「薬膳みそ汁をテーマに5週に渡ってミニ連載をお届けいただきます♪

おはようございます。朝美人アンバサダー国際薬膳調理師の倉口ゆうみです。

「ずぼらさんでも続けられる!カンタン薬膳みそ汁でセルフケア」を合言葉に、いつも飲んでいる味噌汁を不調ケアのおみそ汁に変身させちゃう“薬膳みそ汁”レシピを5回に分けてご紹介します。

最終回の今回は、「むくみ」ケアにぴったりなお味噌汁のレシピをご紹介します。

※「薬膳とは何?」については初回の記事(https://asajikan.jp/article/175509)をご覧くださいね。

むくみに効く食材「白菜」「わかめ」

「白菜、わかめと枝豆の生姜入り味噌汁」の材料

薬膳の世界でむくみは「水毒(すいどく)」といって、体に余分な水分が溜まっている状態のこと。

水分が溜まってしまうのは、胃腸が冷えている、水分の摂り過ぎ、エネルギー不足などが原因だと考えられます。とはいえ、どの原因であっても、まずは不要な水分を外へ出してあげることが大切なんですよ!

と、いうことで、むくみが気になるときは、小豆、白菜、黒豆、小豆、とうもろこし、白菜、わかめなどの、利尿作用が高い食材を摂り入れましょう。

今回は、そんな利尿作用がある食材の中から、白菜、わかめを使った味噌汁レシピをご紹介します♪

温活しながらむくみケア♪お手軽「白菜とわかめの生姜味噌汁」レシピ

温活しながらむくみケア♪お手軽「白菜とわかめのしょうが味噌汁」レシピ

材料

  • わかめ(乾燥タイプでもOK) 20g
  • 白菜 1枚
  • ねぎ 25g
  • 枝豆 25g
  • 生姜 5g
  • だし汁 5カップ
  • 味噌 大さじ1

作り方

1) 白菜はざく切りに、ネギは斜め切りに、生姜はすりおろしておく。※乾燥わかめを使う場合は戻しておく。

2) だし汁を入れた鍋に生姜、白菜、ねぎを入れ、白菜がくたっとするまで煮る。くたっとしてきたらわかめ、枝豆を入れて煮る。

3) 火を止めてお味噌を溶き入れ、ひと煮立ちさせれば完成。

温め食材はむくみケアの強い味方。

温め食材の数々

むくみと温めって関係があるの?と思われるかもしれませんが、実はとっても深い関係があるんですよ。

むくみケアは、まずは水毒を出すことが大切と先ほどお伝えしましたが、実は、体が冷えているとスムーズに排出することができません

そこで、頼りたいのが、ネギや生姜などの薬味食材。薬味で体をポカポカに温めて、水毒を追い出しましょう!

また、体がエネルギー不足になることで水毒を押し出す力が弱まってしまいますので、今回は、エネルギー補給をする枝豆もプラスしました。(生の物が手に入らない季節は冷凍のものを活用しましょう)

そして、ライフスタイルでは冷たい飲み物や食べ物、スイーツなどの砂糖がたっぷり入ったものを食べ過ぎないということを意識してみてください。

これらは水はけが悪い体になりやすいといわれていますのでビールやお刺身、ケーキなどはたまにのご褒美にしましょうね。

*****

最後に…全5回にわたってご紹介しました薬膳味噌汁レシピ、いかがでしたか?

レシピを見てもわかる通り、薬膳は特別な食材がなくてもできますし、毎日食べるお味噌汁でも薬膳はできるものなんです。

大事なのは、難しいメニューに挑戦することよりも、まずは続けること。「肩肘はらずに、できることから、コツコツと」なんです。

ですから、まずは、自分のカラダとココロの変化に耳を傾けるところから始めてみましょう。

そして、疲れていると感じたら「今日のお味噌汁の具はさつまいもにしようかな」と、今の自分にぴったりな食材をチョイスしてお味噌汁をつくってみてください。

小さいことだけれどそのコツコツを続けることがすこやかな心と体をつくる一歩。焦らなくても大丈夫。

自分のペースで自分にぴったりのライフスタイルをつくっていきましょう^^

一日のスタートである朝食に、薬膳みそ汁をプラスして今日という一日を元気に過ごせる人が増えますように…!

◎instagramで#ゆうみの薬膳レッスンを開講しています。最新のレッスン情報もこちらからご覧くださいね。

【こちらもおすすめ☆】体の中からうるツヤ♪乾燥肌を改善する「根菜と豚肉の白ごま味噌汁」

体の中からうるツヤ♪乾燥肌を改善する「根菜と豚肉の白ごま味噌汁」

“薬膳みそ汁”レシピ第4弾!乾燥肌を改善する薬膳味噌汁のおすすめ材料&レシピ♪

体の中からうるツヤ♪乾燥肌を改善する「根菜と豚肉の白ごま味噌汁」レシピ(https://asajikan.jp/article/176654)

紹介してくれた朝美人アンバサダー

倉口ゆうみさん

倉口ゆうみさん(薬膳ライフバランスプランナー/コラムニスト/講師)

会社員時代、岩手から神戸まで月一で学びに通い薬膳の上級資格を取得。現在は、薬膳ライフバランスプランナーとして体質カウンセリング、薬膳レッスン、メニュー監修、コラム執筆をしています。簡単・美味しい・体が喜ぶ〝薬膳ずぼら飯″を考えるのが得意。趣味は、器収集、文字を紡ぐこと、週末にお酒片手に主人と食事を楽しむこと。 ~日常に、おしゃれに楽しく薬膳を~モットーに、東北に薬膳を広めるため日々発信中です。

■Instagram:@yuumi__kuraguchi

■blog:http://yumi-kurara.link/wp/

朝美人アンバサダー2019のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2019)

Source: 朝時間.jp