生活費は月々10万円!ささやかな幸せに気づく一冊『働かないの』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『働かないの れんげ荘物語』

都内の古い木造アパート「れんげ荘」を舞台に、日々の小さな幸せを大事に生きる女性の暮らしを描いた物語。以前ご紹介した『れんげ荘物語』の第二弾です。忙しい毎日に疲れたとき、心と体がすり減ってしまったとき、手に取ってみてください。


働かないの れんげ荘物語
著者:群ようこ
出版社:角川春樹事務所

主人公のキョウコは48歳。広告代理店をすっぱりと早期退職し、数年前かられんげ荘に住んでいます。月々の生活費は10万円。最初に自分で決めたとおり、いまも質素な暮らしを続けています。

れんげ荘の生活にも慣れたけれど、お隣に引っ越してきた若い女性が気になったり、キョウコ自身、迷いや不安にかられたり、やっぱりいろいろあります。自分の力ではどうにもできないこともあります。

そんなとき、キョウコは気分を引き立てるように、刺繍をはじめようと思い立ちます。刺繍との向き合い方のちょっとした加減で、気持ちが晴れ晴れとしたり、心が落ち着いたりする。その微妙な感じ、よくわかる気がします。

刺繍をしながら窓から庭の木々を眺め、お天気のいい日は物干し場にシーツを干す。近所をゆっくりと散歩する。温かい紅茶を飲む。髪の毛を短くカットして嬉しくなる。こうして毎日少しずつ、キョウコはまだまだ迷いのある自分自身と折り合いをつけていく。

キョウコさんがおまじないのように「お天道様のいう通り」とつぶやくのが好きです。これから寒くなる季節、心が温かくなる小説をどうぞ。

*シリーズ第一弾『れんげ荘』ぜひどうぞ。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

Source: 朝時間.jp