木陰で読書できる。「緑が大好き」を形にしたマンションリノベ

シンボルツリーをはじめ、豊富なグリーンに囲まれた暮らしを楽しむFさん夫妻。愛知県岡崎市の築10年のマンションの一室を購入し、エイトデザインにリノベーションを依頼。

築浅のメリットを最大限に生かして既存設備を利用をしつつ、塗装やタイル貼りなどで雰囲気を変えることで、100万円ほどコストダウン。大好きな緑と本に囲まれながら、明るく風通しのいい暮らしを楽しんでいます。

シンボルツリーのある緑豊かなLDK

二面採光のLDK

マンションなのに部屋の中心には天井に届くほどの大きな木が。「新緑バカと言われるくらいに緑が好き。とにかくグリーンをいっぱい置きたい」というのは夫の希望。そして本やマンガが好きな夫妻は、大きな本棚を造りつけることも希望しました。

それを聞いたデザイナーの押谷武さんが「それならリビングにシンボルツリーを置いて、木陰で読書できるようにしましょう」という提案で実現したのがこの空間。

リビングノシンボルツリー

F邸のシンボルツリーはゲッキツ(シルクジャスミン)で、細かくてサラサラ揺れる感じの葉っぱを気に入っているそう。そんなLDKは南西角部屋なので2面から光が入り、白い壁とグリーンの美しいコントラストが楽しめます。

ダイニングとワークスペース

リビングダイニングの一角にはワークデスクを設置。将来は子どもの勉強机にする予定です。ナチュラルなダイニングセットは「unico」で購入したもの。

開放的なLDK

シンボルツリーのあるLDKの中心からリビングに目を向けると、3m近い天井高を生かした壁一面の本棚が。大好きなグリーンや小物なども配して、ディスプレイを楽しんでいるのだそう。幅広のオークフローリングがリラックス感を演出し、グリーンを一層引き立てます。

反対側に視線を向けると、明るく開放的なキッチンがあります。セミオープン式だったキッチンの上部の棚を撤去したことで、視界がぐんと広がりました。

ブルーに塗装したキッチン

既存のシステムキッチンの白い扉をブルーに塗装してイメージを一新。「色を変えただけで、雰囲気がかなり変わりました」と妻。

キッチンとリビング扉

キッチンの壁には妻の希望でタイルを採用。また、キッチンのすぐそばにあるリビング扉は、室内の雰囲気に合わせてグリーンに塗装を施しました。

グリーンのある暮らし

LDKにはシンボルツリーだけでなく、足元や本棚にもグリーンがいっぱい。日差しも風もたっぷり入り、ソファに映し出される葉っぱの影がやさしく揺れて、森の中か公園のベンチにでも座っているかのようです。夜、スポットライトでできる木の陰も素敵なのだそう。

土間玄関の室内窓が家全体に風を通す

ベンチ付きの土間玄関

明るく開放的な玄関では、ジャーナルスタンダードで購入した存在感のある鏡や個性的な照明がよく映えています。照明は笠松電機製作所の人気シリーズのひとつ。

玄関の土間は横に伸びていて、そこには収納も兼ねた長いベンチと天井まである靴収納が。隣接する寝室との間には室内窓があり、南から北へまっすぐに心地いい風が抜けていきます。

玄関の刻印

玄関からリビング方向を見ると、上がり口には夫妻の要望により、リノベーションが完了した日付が記されています。

玄関ンホールのディスプレイ棚

そして玄関の壁際には、手すりにもなる小さな棚を設置しました。

寝室からWICへつながる動線

玄関土間と室内窓でつながる寝室は、淡いパープルの壁が印象的。右手の扉を開けると、ウォークインクローゼットにつながっています。

ウォークインクローゼットには造作の収納棚を贅沢に3本配し、収納量をたっぷり確保。さらにウォークインクローゼットを抜けると和室につながっています。

室内窓のある和室

3畳の畳と板の間がある和室には、リビングとの間にオリジナルの上げ下げ窓を設置。

既存活用と設備一新でメリハリをつけた水回り

洗面所は既存の洗面台を撤去し、シンプルなカウンターを造り付けました。下部をオープンにしているので掃除もしやすく、清潔感があって爽やかな印象です。

ミラーキャビネットの下にキッチンと同じタイルを貼っていて、レトロな雰囲気の水栓とよく似合っています。

バスルームは既存利用

当初は水垢が気になったというユニットバスですが、丁寧にクリーニングしてもらったら十分使える状態になり、再利用することに。角部屋のため浴室に窓があり、明るくて風通しがいいのだそう。

便器は新しいものに交換。上部に設置されていた吊り戸棚をなくし、壁をグレーと白で塗装して、シンプルで洗練された空間に。既存の水回りを活用してコストを抑えたことで、緑あふれるリビングに加え、ごろんとくつろげる和室や贅沢な広さのウォークインクロゼット、静かで安心して眠れる寝室など、気持ちよく風が抜ける快適な空間を手に入れることができたFさん夫妻でした。

※工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計・施工 エイトデザイン
撮影 山田耕司

Source: 日刊住まい