鯛、サバ、鰹、ウニは何と言う?「魚」の英語名8選

週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

鰹

鯛、サバ、鰹、ウニは何と言う?「魚」の英語名8選

夏と言えば海、海と言えば、ですね!

日本人は魚をよく食べますが、その分、「鯛」「鰹」「ウニ」など日本語の名称を使うことがほとんど。

「夏休みの海外旅行で、メニューにある魚の名前がわからず困った」

「外国人と一緒にお寿司を食べに行ったけれど、魚の英語名が説明できなかった…」こんな経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は魚の英語名をいくつかご紹介します!

マグロ=tuna

「ツナ缶」でおなじみのマグロは“tuna”。これは分かりやすいですよね。では次の魚はどうでしょうか?

鯛=red snapper または sea bream

さば=mackerel

たら=cod

かつお=bonito

このあたりは、よく食べる魚だと思いますが、英語名はなじみがないですよね。

外国人の好き嫌いが分かれそうなウニは

ウニ=sea urchin

と言います。また、日本人が好む魚卵は

魚卵=roe

と言います。

最後に、海外の寿司ネタでも大人気の鮭は

鮭=salmon

こちらは日本語でもよく使われていますよね♪

世界でも日本食ブームが広がっているようなので、意外と日本語で通じちゃう魚も多いかもしれませんが、英語名も覚えておくと役に立つと思いますよ!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

Source: 朝時間.jp