都心駅近、高台の中古マンションをリノベ。黒いフレームの間仕切りが魅力の住まい

都心駅近で築15年の中古マンションを購入し、理想のリノベーションを実現した実例をご紹介。
今回は、雑誌、書籍、webなどで食・住まわりのライフスタイル提案のスタイリングを手がけている菅野有希子さんにお話しを伺いました。

東京の都心で暮らしていた菅野さんは、都心で新築マンション探しをスタート。
しかし、新築マンションを見ていくと、夫婦2人では広さの条件が合わなかったり、内装に心躍らない、ということが多かったそう。

そこで、中古マンションリノベを調べていくと、リノベーションもありだなと思い、中古物件探しにシフト。
リビタの「マンション一棟まるごとリノベーション」で空き物件を内覧し、1軒目で物件を購入しリノベーションしました。

決め手は中古マンションだから購入できた立地の良さ

菅野さんの物件探しの条件は立地重視。都心で、駅近、高台を探していました。中古マンションに切り替えてからは、築年数はあまり古すぎないところも条件に加えることに。

リビングリノベーション

「立地的な条件が合うところを見つけ、内覧にいくと、部屋に入った瞬間明るい部屋で、ここだなと思いました。古いマンションだと共用部は古さや暗さを感じてしまうところが、この物件は共用部であるエントランスもリノベーションされていたので、綺麗だった点がよかったですね」と菅野さんは話します。

リビングリノベーション
現在はおしゃれな空間に変わった菅野さんのお宅ですが、リノベ前の物件でも良さはわかるのか疑問なところ。

「もちろん条件が合うことが大前提なんですが、築15年のマンションで古すぎず、日当りと風通しが良いなど複合的に判断するとここしかないと思いました。リノベーション前も76平米という広さながら1LDKの間取りも良かったですね」

以前は外国人向け賃貸マンションだったということもあり、もともと広く感じられるような間取りでした。

建築家との打ち合わせ6回、短期間で情報収集する方法

あらかじめ工事期間が決まっているため、建築家との打ち合わせは6回と決められていました。

「初めて打ち合わせした日から10日後までに理想の写真を集めて、と言われた時はかなり焦りました。物件を探すことに精一杯でそこまで手が回っていなかったんです」

菅野さんは、打ち合わせの帰りにインスピレーションを得るために、代官山蔦屋書店に寄って、KINFORKなどの雑誌や洋書を購入。

本

Pinterestでは海外の家などを参考にして、ボードに写真を加えました。

スクラップ

イメージを提出した後は、それをもとに建築家とより具体的に話し合いながらイメージを固めていきました。

洗面所

イメージを集める中で好みだと気付いた丸い鏡は洗面所に

短期間であるがゆえに、後悔した点はなかったのでしょうか。

「できればたくさんの事例を見たいというのはありました。いろいろなショールームに行ったり、設備やパーツなどを施主支給したいという希望もあったのですが、時間が足りなかったです。でも、調べられる時間があったら逆に迷ってしまって、判断ができなくなっていたかもしれません。今となっては短期間で決められたのはよかったです」と振り返ります。

部屋の面積が大きいところはこだわり、見えないところは削る

菅野さんのお宅の顔とも言える、黒いフレームとガラスの間仕切り。リビングと寝室をゆるやかにゾーニングしています。

寝室の窓からの光もキッチンに届き、部屋全体が明るくなりました。

格子

Pinterestでイメージを集めていると黒いフレームの写真が多く目につき、自分の好きなテイストに気が付いたといいます。

また、床はヘリンボーンで、これも譲れないポイントでした。

床材ヘリンボーン

「クラシカルで高級感のあるヘリンボーンができたことに満足しています」

キッチンスペースからは、タイルにして雰囲気を変えています。

キッチン床タイル

キッチンはタカラスタンダードのものをセレクト。

キッチン収納

吊り戸棚も設置し、取っ手の金具はゴールドで統一しました。

キッチン収納

仕事柄、器が多いので、キッチンの背面にも収納棚を確保。収納棚には家電類も収納しています。

キッチン収納家電

洗面所の隣の扉は既存のものを利用し、取手の金具だけを変更。よく目につくリビングの収納棚の扉は、新しいものに変更しました。

お風呂

浴室は暮らしている自分たちしか見ないので、特にこだわっていないとのこと。

中古マンションリノベに住んで仕事の幅が広がった

以前は、テーブルウェアのスタイリングを主に手掛けていた菅野さんですが、家の雰囲気も含めてSNSに発信できるようになってから、インテリア関連の仕事も増えたといいます。


「自宅で撮影することもあるので、おしゃれな家になってよかったです。寝室の扉を開ければ、引きで写真を撮れることもできるので、本当にリノベして満足しています」

テレビ台はりんご箱でDIY

また掃除がしやすくなったこと、人を頻繁に呼べるようになったことなどもリノベで得られたメリット。

後悔している点はないのでしょうか?

「強いていえば、玄関にコンセントを付けるのを忘れたこと。電動自転車の充電を玄関でできるようにすればよかったです。でも、トータルでは本当に満足しています」と菅野さん。

新築マンションでは価格や立地などの条件が折り合わなくても、中古マンションリノベなら選択肢が広がり、希望の条件をよりかなえやすくなります。立地にこだわりたい、自分好みのインテリアを実現したい、という方は中古マンションリノベも家づくりの選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい