【本郷3丁目】白いカレー×カカオにサプライズ!好奇心を刺激するパン屋さん「panda」

おはようございます。10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアの片山智香子です。

この連載では、朝から元気になれる美味しいパン屋さんやカフェを紹介します!

【本郷3丁目】白くて辛いカレー×カカオにサプライズ!好奇心を刺激するパン屋さん「panda」

東京メトロ丸の内線の本郷3丁目駅を下車。改札2番出口を出て大通りに出たら右、直進すると右手にりそな銀行が見えてくるので、通り過ぎすぐの信号を左折。そのうち斜め右あたりにパン屋さん「panda」が見えてきます。

初めて行っても徒歩で3分くらい。駅からは近くて分かりやすいです。

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

2018年9月にオープン。白を基調にした外観、内装、ガラス張りの扉は清潔感があり、気持ちの良い空間。7:30~10:00まではMorning Setもある様子。

私自身が10時ちょい前についたのと、食べてみたいパンがあったのでMorning Setはオーダーしませんでしたが、朝食のために出勤前に寄るならセットで食べるのもいいかもしれません。

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

クロワッサン、食パン、カンパーニュとプレーンなものもありながら、小ぶりで少し変わり種のパンもあり、「どんな味?食べてみたい!」と好奇心を刺激されるパンも多いです。

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

頂いたのは、カレーパイ、和三盆クリーム、りんごのクロックムッシュ。今回は購入しなかったけれど、気になったのが、コンビーフとキャベツという総菜パン。

他にも、ガパオパンが美味しいとパン友さんに聞いていたのでそれが食べたかったのだけれど、ハード系のパンはお昼すぎ(11時以降)に焼きあがるそうで。どうしても食べてみたいので、ガパオパンは次回リベンジします!

本郷3丁目

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

十種類以上のスパイスから作ったという白カレー辛いです。色から見るとそんな辛そうに見えないのに、スパイスがきいていて、単純な辛さではなく奥深い辛さ。口内に、喉に、辛味が広がっていく感じです。

その辛さをバターとカカオが香るデニッシュが包み込んでいて、カレーがカカオとこんなに相性が良いとは…!と新たな発見!

でも、カレーの隠し味でチョコレートを入れることもあるので、合わないってことはないんですよね。しかし、これは久しぶりに感動するフォルム、サプライズ、味わいのパンでした。好きなカレーパンのひとつになりました!(パイですが)

普通のクロックムッシュもありますが、せっかくなので「りんごのクロックムッシュ」を。

POPには書かれていないけれど、クルミが入っているのかな?ナッツ系も入っていて、味と食感のアクセントになってます。

りんごの甘味がじんわり広がるのは、蜂蜜が全体を優しい甘さで包みこんでいるから?かも。ゴルゴンゾーラは私はそれほど得意な方ではないけれど、こちらのはそんなにクセがないので、苦手な方にもオススメです!

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

ちなみに一番人気はクロワッサン

本郷3丁目のパン屋さん「panda」

席数は12席くらいあります。朝7:30からオープンしているので、少し早めに家を出てこちらで朝食を食べ、パワーチャージしてから学校や会社へ向かうと、素敵な一日のスタートをきれそう!

カレーパン好きさんもクロワッサン好きさんも、ぜひ訪れてみてください。

panda

住所:東京都文京区本郷3-16-10北星舎ビル1F

電話番号:03-5844-6357

営業時間:(月~金)7:30~22:00 (土・祝)9:00~22:00 (日)9:00~18:00

公式ホームページ:https://www.pan-da.co/

※記事の内容は公開時点の情報です。お店の最新情報はお店のFacebookページなどでご確認ください。

Source: 朝時間.jp