昭和59年築の団地を既存活用と分離発注で400万円でリノベ

中古マンションの購入・改修を予定していた和田さん夫妻は、仲介業者がたまたま案内してくれた団地で、環境のよさや、築年数が古くても十分改修が可能であることを知り、団地リノベに方向転換。

東京都小平市にある、公園に隣接した緑豊かな築30年超の団地の一室を2080万円で購入しました。

そして妻の義兄にあたる日尾俊昭さんに設計を依頼。

分離発注を行うことで工事費を400万円(設計料込)に抑え、既存を生かしながら、自分たちらしい住まいをつくり上げました。

お花見も楽しめるリビングダイニング

内装仕上げの変更のみでイメージ一新

JR中央線の国分寺駅からバスでアクセスするこの団地は、公園に隣接しながらゆったりと建っている、自然豊かなシチュエーション。

「鳥のさえずりも一年中聞こえて、幸せな気持ちになります」と妻。

角部屋ならではの解放感

そんな和田邸は、角部屋ならではの広がりのある眺めが自慢。

リビングダイニングに面したバルコニーから手を伸ばすと桜、室内からも窓一面が満開の桜、という癒しの眺望が楽しめます。

そんなLDKは、間取りはそのままで内装仕上げを変更した程度ですが、大幅なイメチェンをすることに成功。

ブルーの塗装が目を惹くキッチンは廊下側とも通じていて、玄関、浴室との動線が良好です。

和田夫妻は既存をフル活用してDIYを楽しむ一方で、新築以来一度も換えていない給水管を新しいものにするなど、インフラの変更を重視。

「まずは極力既存を生かして、あとでできることはお金が貯まってからにしようと決めました」と夫は話します。

床は憧れていたという無垢フローリングを採用しました。

夫妻はともに会社員で、妻は週末だけ都内某所でカフェを開いているそう。

リビング片隅の植物コーナー

リビングダイニングの片隅には白木の棚を置いて、多肉植物などの植物コーナーに。

中央の白い花は、金属の焼き菓子の型に活けています。

既存キッチンをリフレッシュ

既存のキッチンに扉材をDIYで取り付け、壁をさわやかなブルーに塗装してリフレッシュ。

シナ合板をホームセンターでカットしてもらい、金具で取り付けています。

吊り戸棚の一部は既存の扉を撤去したことで、道具の出し入れが快適になりました。

室内のお花見スペース

お花見シーズンになると、窓の向こうは一面の桜。新緑や紅葉の季節も絶景なのだそう。

ベランダでは、今後いろいろな野菜やハーブを育てる計画もあるそう。

また、リビングに隣接する和室の仕上げは既存のまま。

前住者が床の間を押し入れに変更してくれたおかげで、収納力が向上しています。

奥まで光が届いて明るい廊下

玄関収納は場所と大きさはそのままで、扉の位置、床の仕上げ、内部の棚などを変更しました。

玄関から土間続きでそのまま入れるレイアウトなので、靴をはじめアウトドア用品の収納・出し入れに重宝しているそう。

奥まで光が届く廊下

寝室と予備室は床以外は既存のまま。「これから壁など徐々にDIYで変更していく予定です」と夫。

個室や水まわりが集まる廊下は、リビングダイニングからの光がたっぷり注ぎ、明るい印象です。

水まわりは既存も活用してうまくコストカット

設備と内装を一新したサニタリー

洗面は設備も内装も一新。

洗面ボウルは実験用シンク、水栓は水まわり設備機器のネットショップ「パパサラダ」で見つけたクラシカルな機種を採用しています。

武骨なガス給湯器はパンチングボードで覆って目隠しをしました。

トイレの便器は比較的新しかったため既存のまま。壁は壁紙をはがして躯体現しにしました。

浴室は在来工法でのリフォーム。壁・床ともにタイルを貼り替え、バスタブも変更しました。

和田さん夫妻は工務店に工事を一任せず、職人に個別に依頼する分離発注方式でリノベーションを行いました。

分離発注は工務店より経費を下げることはできますが、施主のやることが増えるので、一長一短。

でも、夫妻の「一緒につくりたい!」という情熱があったからこそ、実現できたのでしょう。

四季の移ろいを感じるこの部屋で、自分たちらしくDIYを楽しみながら暮らす夫妻でした。

このリノベーションをもっと詳しく見たい方は、ぜひ『リライフプラスvol.15』も参考にしてみてくださいね。

リライフプラスvol.15

日本で唯一のマンションリノベーション専門誌

【巻頭特集】転勤、結婚、出産…リノベした家で、新しい人生を!私たち、人生の転機にリノベしました 【第2特集】やっぱりイイね! 団地リノベ

Amazone詳細ページへ

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計/日尾俊昭一級建築士事務所

撮影/山田耕司

Source: 日刊住まい