金正恩氏が明かす。トランプ大統領の「ツイートを見て驚いた」

板門店で握手するトランプ大統領と金正恩委員長

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が6月30日、朝鮮半島を南北を隔てる非武装地帯にある板門店で面会した。この背景は、トランプ大統領のSNSでの発言がきっかけだったことが分かった。

トランプ大統領は6月29日朝、公式Twitterで以下のように発言。金委員長に面会を呼びかけていた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「中国の習近平主席との会談など、いくつかの重要な会談の後、私は文在寅大統領ともに、日本を離れて韓国に向かいます。もし北朝鮮の金委員長がこのツイートを見ているなら、訪韓中にDMZで彼と会って握手とあいさつ?をするでしょう」

このツイートに、北朝鮮側が応じる形で急きょ2人の面会が実現した。

板門店での会談の冒頭で金委員長は、「合意があったのかということですが、私は(トランプ大統領の)ツイートを見て本当に驚きましたし、本当に会いたいということを、昨日の午後に初めて聞きました。私も大統領にお会いしたかった」と話したとNHKが放送した。

ロイター通信によると、トランプ大統領は「今ここで金委員長をホワイトハウスに招待したい」と述べ、金委員長も「トランプ大統領が平壌を訪問すれば光栄」と応じたという。 

Source: ハフポスト