なでしこジャパン、オランダに1-2で敗れ8強ならず。後半終了間際のPKが決勝点に

後半の終了間際、PKからの悔しい失点が決勝点になった。

6月25日(日本時間26日)に開かれた、FIFA女子ワールドカップ・フランス大会決勝トーナメント1回戦で、日本はオランダに1-2で敗れた。

世界ランキングは、日本が7位でオランダは8位。日本の方が1つ上だが、2017年の欧州女子選手権で優勝したオランダは今大会の1次リーグを3連勝で勝ち上がっており、手強い相手と見られていた。

前半、同点で折り返す

前半17分に、オランダのマルテンス選手にコーナーキックからゴールを決められ0-1と先制された日本。

しかし前半終了間際の43分、長谷川選手のゴールで1−1の同点に追いついた。

ゴールを決めた長谷川選手同点ゴールをチームメートと喜ぶ日本チームを応援するサポーター

後半、終了間際のPKが決勝点に…

後半は日本がチャンスを作る場面が多かったが、ゴールを決められないまま後半43分、オランダのミーデマ選手が蹴ったシュートが熊谷選手の手に当たったとの判定で、オランダがペナルティーキックを獲得。

このペナルティーキックをマルテンス選手が決めて、オランダが1-2と勝ち越した。

PKを決めて喜ぶ、オランダの選手たち

その後、両チーム得点のないまま日本は1-2で敗退。2011年ワールドカップ以来の優勝を目指していた日本だったが、ベスト16で敗退した。

試合後のインタビューで、高倉麻子監督は「身体的な部分や技術的な部分、勝負強さがまだ足りなかった」と今大会で感じた課題を挙げつつ、「非常に残念だが、下を向くことなく来年に向かって立ち上がって行きたい」と来年の東京オリンピック、そして4年後のワールドカップに向けての抱負を語った。

フランスで悔し涙を流したなでしこジャパンのメンバーたち。しかしまたここから、次に向けて新たな闘いが始まる。

試合に敗れ、たたずむ日本の選手たち落胆した表情を見せる岩渕選手熊谷選手を抱きしめる、オランダのサンデン選手岩渕選手の肩を抱いて話しかける、オランダのミデマー選手試合後、ファンに向かって一礼する日本の選手たち

Source: ハフポスト