諦めるのはまだ早い!「東京五輪」観戦チケット事情

6月23日:今日は「オリンピックデー」

2020年に行われる東京五輪。1964年の開催以来2度目となる記念すべき大会です。

いよいよ開催まで約1年となり…期待に胸が膨らんでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今日は、そんな一大イベントのチケット入手事情について調べてみました〜!

諦めるのはまだ早い!「東京五輪」観戦チケット事情

つい先日、テレビでもSNSでも(たぶん会社でも学校でも家庭でも!?)話題となったのが、東京五輪の観戦チケットの結果発表!

「当たった!」「全部ダメだった〜」と歓喜や嘆く声がネット上で広がっていました。

チケットが当たった人はもちろん支払いが必要で、中には数十万円分のチケットが当選して、一気にお金がなくなってしまった…という人も(笑)嬉しい悲鳴のようにも思えますよね…!

逆に、全部はずれてがっかりしている方も多いですが、実はまだチャンスはありますよ!

  • 公式チケット販売サイトで、2019年秋以降に先着順販売
  • 都内に設置予定の公式チケット販売所で、2020年春以降に直前期販売
  • 当選したものの事情により行けなくなった人がチケットを手放す、公式リセールサービスの設置(2020年春以降)

など、チケットを入手できる機会はまだあります!

もちろんどれも争奪戦になりそうですが、諦めずに待ってチャレンジしてみたいですね(※転売などは禁じられているので十分にご注意ください)

そして、チケットが欲しい人ほど気をつけたいのが、不正サイトや詐欺メール。メールやSNSからリンクを踏ませようとする悪質な詐欺も多いそうです。

うっかりだまされないよう、気を引き締めて、残りのチャンスを狙ってくださいね。

「オリンピックデー」とは?

1894年の今日、国際オリンピック委員会(IOC)がパリで創立したことを記念したもの。提唱者は、フランスのピエール・ド・クーベルタン。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → https://apple.co/2RK3Dcj

Source: 朝時間.jp