TPOに合わせて使い分けたい!「どういたしまして」の英語フレーズ5選

週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

OKサインを出す女性

TPOに合わせて使い分けたい!「どういたしまして」の英語フレーズ5選

ありがとう」に対する「どういたしまして」。

日本の学校では

You’re welcome

と習ったと思いますが、ネイティブが使う英語にはもっとレパートリーがあります。

“You’re welcome” や

My pleasure

といった丁寧な言い方は、ビジネスやホテルなどの接客で耳にすることはありますが、友人との会話ではもっとくだけた表現を使います。

よく使うのは

No problem

No worries

It’s alright

などです。

日本語でお礼を言われていたら、「いいよ」や「いいですよ」と軽く返答するだろうと思う状況では、このような表現を使うと自然です。

さらに、「いつでも声をかけてね」という意味の “Any time” という返答をすれば好印象なイメージにもなります。

“You’re welcome” “My pleasure” など丁寧に表現する「どういたしまして」ももちろん大切ですが、少し堅苦しい印象になる場合もあるので、レパートリーを増やしておきましょう♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

Source: 朝時間.jp