台湾の定番☆身体にいいあのお茶の「飲み比べ」を英語で

おはようございます♬

先日、あまりにもヒマだったので
写真を整理しながらアルバムを作っていたら
台湾でやたらとハマった
身体にいい「仙草ゼリー茶」の写真を発見したので

シアトルの日系スーパー
「宇和島屋」に探しに行ってみたら
思いのほか種類があって
とりあえず今後のために飲み比べをしてみることに。

仙草は台湾では茎や葉っぱを煎じて飲んだり
乾燥させた仙草を水と煮詰めて煮汁を固めて作るもの。
苦みが少ないけれど、ちょっと漢方っぽい味で
案外、飲みやすいので興味のある方はぜひトライしてみて♬

台湾では夏に冷たいジュースとして
冬は暖かくして飲むイメージ。

熱中症、糖尿病、高血圧やなんかに効くと聞きますが
私はその解毒作用に注目して
風邪のひきはじめや、にきびが出来たとき
お腹の調子が悪いときに飲みたくなります。

そんな前置きはおいておいて、さあこんな感じ!

あっ!写真だとわかりにくい…( ;∀;)

わかりにくいんですが
実は3つとも微妙に色が違ったり
中に入っている仙草ゼリーの色や味も違って
結構楽しかったんですよね。

結果が真ん中のやつが
台湾で飲んだものに近い懐かしい味。

よし、これでいこう♬と決まったところで
最後は皆様に「飲み比べ」の英語表現をご紹介。

飲み比べは英語で「flight」
不思議ですよねフライトflightって辞書を引いて
飛ぶ、空の旅、と飛ぶ、という意味ばかり。

もう少し調べてみると
flightには「(飛ぶ鳥などの)群れ・飛行中の一群」という
意味もありグループの何か、という意味から
『たくさんあるものの中』という派生
何種類かのものを比べるとき(主に飲み比べのとき)
使うようになったとか、ならないとか。

と、本日は身体に良い仙草から
通常、辞書には載っていないけれど
海外旅行などでビールやワイン、コーヒーの頼むとき
メニューに出てくる可能性がある
飲み比べ」=「flight」をご紹介してみました。

例えばこんな感じ
flight of three」=3種の飲み比べ
built your own flight」=好きな飲み比べを作れる

意外に出てくるので(Starbucksのローステリーにも!)
ご旅行の際には思い出してくださるとこれ幸い。

 

みなさま、どうせ飲むなら身体に良いものを
たまに(いつも?)チョイスしてみるのも◎
本日もSweetな1日をお過ごしください♡

Source: 朝時間.jp