住宅ローンの連帯保証人は絶対必要?どんなことをするの?

住宅ローンを借りるために連帯保証人が必須かどうか知っていますか?

また、連帯保証人とはどんな役割をするのかご存知ですか?

住宅ローン借り入れにおける連帯保証人とは、借金をした人が返済できなくなった場合、または、支払いが滞った場合に銀行が返済を請求できる人のことです。

1.連帯保証人と連帯債務者の違いって?

住宅ローンイメージ

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

「連帯保証人」と「連帯債務者」は、その役割が似ていることから混同されやすいようです。

住宅ローンを貸した人、つまり金融機関などを「債権者」、住宅ローンを借り入れた人を「債務者」といいます。

 

1-1 連帯債務者とは

連帯債務者は複数の債務者が債権者に対し、同一内容の債権、つまり住宅ローンなどを一緒に返済します。

それぞれが独立して返済しますが、一方が債務を完了すると他方の債務も完了します。

債権者は連帯債務者に対して、どんな順番で請求をしてもよく、また、いくら請求してもよいのが特徴です。

夫婦

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

たとえば、金融機関から夫婦で借り入れした場合、金融機関は夫だけに全額の返済を求めても良いですし、それぞれに半額の返済を請求しても良いのです。

夫婦それぞれに全額の返済を請求することもできます。

群馬銀行の『夫婦連帯債務型住宅ローン』がこのタイプに属します。

 

1-2 連帯保証人とは

保証とは「主たる債務者が債務を履行しないときに、その履行をする責任を負う」ことです。

つまり、連帯保証とは金融機関から借り入れした本人が返済しない場合に、保証人が借入者と連帯して債務を負うことをいいます。

連帯保証人契約は債権者(金融機関等)と保証人との間で行われるのが特徴です。

夫婦や親子で収入を合算して借り入れる住宅ローンやご夫婦それぞれが借り入れをするローンがこれに該当します。

 

1-3  住宅ローン減税における連帯保証と連帯債務の違い

連帯保証人は事実上債権者と同じ義務がありますが、住宅ローン減税の適用はできません。

連帯債務者は借金の名義人の1人となるため、住宅ローン減税は持分割合に応じ使うことができます。

上記の群馬銀行の『夫婦連帯債務型住宅ローン』は連帯債務のため、それぞれが住宅ローン控除を受けられます。

 

2.住宅ローンの借り入れに、連帯保証人は原則不要

住宅ローン

ABC / PIXTA(ピクスタ)

住宅ローンの借り入れの際、原則として連帯保証人は不要です。

購入する住宅自体が担保となっているため、銀行は資金回収の目途が立つからです。

つまり、いざというときは不動産を売ったお金を銀行の返済に充てられ、金融機関側の貸し倒れリスクが回避されることから、連帯保証人が不要となるケースが多いのです。

 

2-1 住宅ローンにおける保証会社の役割は?

保証会社とは、保証人の役割を代行する会社のことをいいます。

保証料を支払うことで保証会社が保証人の代わりとなり、万が一ローンの返済が難しくなった場合、銀行に返済を代行してくれます。

近年は、リノベーションを行うため、築古物件の購入者は少なくありません。

そのため、担保価値が高い新築物件や築浅物件ばかりが融資の審査対象でなくなってきています。

物件担保だけでは、資金回収が不安だと金融機関が判断した場合は、連帯保証人を立てるのではなく、保証会社を利用しています。

大手銀行や地方銀行では、金利に保証料を上乗せする形で保証人不要の住宅ローンサービスを行っています。

また、最近では物件の購入のときだけでなく、賃貸物件を借りるときでも、保証人ではなく保証会社を利用するケースが大半を占めています。

 

3.連帯保証人が必要な「プロパーローン」

住宅ローン

hilite / PIXTA(ピクスタ)

「プロパーローン」と呼ばれる融資の際は、連帯保証人が必要です。

これは、保証会社が審査を行わないで融資を行う仕組みとなっています。「フラット35」はプロパーローンに該当します。

 

3-1 プロパーローンのメリットは?

前述のように、住宅ローン借り入れの際、保証会社の加入をすることが大半ですが、加入の際の審査は厳しいものです。

そこで生まれたのが、保証会社を通さない住宅ローンで「プロパーローン」と呼ばれています。

保証会社の審査がないため、通常の住宅ローンより、住宅購入資金が借り入れしやすくなります。

また、保証料は、銀行ごとにばらつきがあるものの、通常3,000万円の借り入れだと、60万円程度は保証料がかかるのが普通です。

この保証料を支払わなくてよいので、諸費用のコストカットにつながります。

 

3-2 プロパーローンのデメリットは?

しかし、必ず連帯保証人が必要となりますので、連帯保証人を見つける時間と手間がかかります。

連帯保証人になるということは、その人にとって、かなりのプレッシャーになるので、よほどの信頼関係がないと、なってもらえません。

 

4.まとめ

新築

ABC / PIXTA(ピクスタ)

地方銀行やネット銀行などで、住宅ローンを借りる際に、現在連帯保証人が必要となるケースは減少しています。

しかし、プロパーローンでは連帯保証人が必要となります。

どんな時に連帯保証人が必要になるかを確認し、借り入れの際に連帯保証人が必要になりそうな場合は、連帯保証人になってくれる人を予め探しておく時間的余裕をもって住宅購入を考えましょう。

Source: 日刊住まい