カリタス小学校の会見速報 内藤貞子校長が打ち明ける「子どもたちの命あっての教育です」

川崎市多摩区で登校中の児童と保護者が男に刃物で刺されて死亡した事件で、被害児童が通っていた川崎市内にあるカリタス小学校は5月28日、記者会見を開いた。

カリタス小学校の内藤貞子校長は会見冒頭、次のように話した。

 

■「できる限りのことを尽くしてこれからも子どもたちを守っていきたい」

保護者の皆様の心配事は、無事に学校にいって、無事に帰ってきてくれるかな、と毎日見送り、迎えてくださっているんだと思います。

本日このように痛ましい事件が起きましたこと、大変悲しく、そして辛く思っております。

毎日、登戸の多摩川口から、本校ではスクールバスを出しております。ピストン輸送で、7時45分から8本出しています。本日5本目までは普通に運行しておりました。

6本目のバスに子どもたちが乗り込んだ時に男が学校方面のコンビニから両手に刃物を持ってきて、並んでいる子どもたちを次々に切りつけました。この時に教頭が対応しています。

〈倭文覚(しとり・さとる)教頭の発言を挟んで〉

 

学校で被害状況を確認し、無事を知らせる保護者に連絡し、一斉に引き取りを依頼しました。小学校幼稚園は31日まで急行、中高はあす休校、6月の6年生の宿泊行事は中止。登下校の教員による見守り体勢を強化し、警備員の増員も行います。

一番心配なのは子どもたちの心のケアです。カウンセラー2人、中高からも派遣してもらい、外部の力も借ります。神奈川県の学校緊急支援チームと川崎市精神保健センターからも力を借ります。

本校で研究に協力してくれている心理学の専門の先生にもきていただきます。いろんな方の協力をお願いして、子どもたちの安全のケアをしていくつもりです。心のケアについては、小学校だけでなく幼稚園や中高についても対応していきます。

保護者のケアも必要な方も多いと思うので、そういうことも含めて学校として受けていきたいと思っています。

カリタス小学校は保護者の絶大な理解と協力で成り立っているが、子どもたちの命あっての教育です。保護者からも色々な提案をしていただきました。学校として、できる限りのことを尽くしてこれからも子どもたちを守っていきたいです。

Source: ハフポスト