「AKIRA」のハリウッド実写化、公開決定 どうなる…!?

大友克洋によるSF漫画「AKIRA」のハリウッド実写版が全米公開される。THE WRAPなどが報じた。

THE WRAPによると、公開は2021年5月21日の予定だ。

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」「マイティ・ソー バトルロイヤル」などで知られるタイカ・ワイティティが監督を務め、レオナルド・ディカプリオのAppian Way Productionsが制作を担当し、Warner Bros.によりリリースされる。

ハリウッド実写版の「攻殻機動隊」が全く楽しめなかった僕は、Netflixが手がける「カウボーイビバップ」の実写ドラマシリーズも、ワイティティによるAkiraも全く期待していないし、むしろ不安な気持ちでいっぱいだ。

一番の不安要素は、キャスティング。キャストの詳細はまだ発表されていないが、スカーレット・ヨハンソンが「攻殻機動隊」のハリウッド実写版の主演を務め「ホワイトウォッシング」だと激しい批判を受けたケースもあるため、かなり慎重になる必要があるだろう。

批判を受けキャラクターデザインをやり直した「ソニック・ザ・ムービー」の茶番劇のように、発表後にキャストを変更するような事態にならないことを祈る。

(2019年5月27日TechCrunch Japan「「AKIRA」のハリウッド実写版、2021年に全米公開」より転載)

関連記事

Source: ハフポスト