「ゴロゴロ」「ガタガタ」は何と言う?英語の擬音語3選

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

ゴロゴロ喉を鳴らす猫

「ゴロゴロ」「ガタガタ」は何と言う?英語の擬音語3選

日本語には「ガミガミ叱る」や「ゴソゴソ探す」のような擬音語がありますが、英語にももちろんさまざまな擬音語があります。

今回はそんな英語の擬音語(onomatopoeiaオノマトピーア)をみていきましょう♪

1) ブーン=zoom

例) The race car zoomed past the finish line.=レースカーがブーンと音を立ててゴールした

“zoom”(ズーム)は、ブーンという音を立てて疾走するという場合などに使われます。飛行機のブーンという音を表現するにも使われます。

2) ゴロゴロのどを鳴らす=purr

例) Cats purr if you scratch them behind their ears.=猫は耳の後ろをかいてやるとゴロゴロのどを鳴らす

purrはパーと発音します。

3) ガチャガチャ(ガタガタ)音を立てる=clatter

例) The dishes fell to the floor with a clatter.=お皿がガチャガチャ(ガタガタ)と音を立てて床に落ちた

ここでは名詞で使われていますが、“clatter”は、動詞ではガチャガチャ音を立てるという意味です。“clatter away”で、にぎやかにぺちゃくちゃしゃべるという意味にもなりますよ^^

擬音語をニュアンスまでしっかり伝えられると、よりいきいきとした英語になります♪ぜひ覚えておきましょう^^

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

Source: 朝時間.jp