丸山穂高議員、日本維新の会幹部がロシアの駐日大使に謝罪したことをTwitterで批判 「完全に意味不明」

丸山穂高・衆院議員

北方四島ビザなし交流に参加した元島民の男性に対し、戦争で島を取り返すことへの賛意を引き出そうとするかのような発言をした丸山穂高・衆院議員(大阪19区)=日本維新の会を除名=が5月19日、維新の会幹部がロシアの駐日大使に謝罪したことについて、「ロシアへの『おわび』は完全に意味不明な対応」などとTwitterに投稿した。

https://platform.twitter.com/widgets.js

丸山議員はビザなし訪問団の一員として国後島を訪問していた5月11日夜、酒に酔って訪問団の団長を務めた元島民の男性(89)に話しかけ、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと質問した。

男性が何度も戦争を否定しているのにも関わらず、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと繰り返した。

丸山氏の問題発言を受け、日本維新の会は丸山氏を除名処分にした上、ほかの野党と共同して、丸山氏への辞職勧告決議案を共同提出した。

また、日本維新の会の片山虎之助・共同代表は5月17日、東京にあるロシア大使館でガルージン駐日大使と会談し、丸山氏の発言について謝罪した。

これに対し、丸山氏はTwitterに謝罪は「完全に意味不明」などと投稿して日本維新の会の対応を批判。20日には記者団の取材に応じる意向を表明した。

Source: ハフポスト