朝読書の一冊に、ことばの花束を。夭折の歌人・笹井宏之のベスト歌集

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『えーえんとくちから』

五月の朝に、ことばの花束を。2009年に26歳で夭折した歌人・笹井宏之の珠玉のベスト歌集です。


えーえんとくちから
著者: 笹井宏之
出版社:筑摩書房

えーえんとくちからってなんのこと? その答えがわかったとたん、言葉はきらめく。「永遠解く力」となって心に深くしみとおります。

*「世界って貝殻ですか 海ですか それとも遠い三叉路ですか」*「やむをえず私は春の質問としてみずうみへ素足をひたす」*「からだにはいのちがひとつ入ってて水と食事を求めたりする」*「火星にも夕暮れどきがあるでしょう パスタを軽く巻いてあなたは」

まっさらな朝も夕暮れも、青い空も海も湖もみんな短い言葉に宿ってる。それから、愛しい恋人も。

この歌集の「朝時間」は、この一首を。「左手に携帯電話ひらく朝 誰より早い君のおはよう」

一首一首が楽器の透き通った音色のよう。朝の光のなかで読みたい一冊です。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

Source: 朝時間.jp