あの古墳が登録されるかも!?「世界文化遺産」を英語で言うと

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

仁徳天皇陵

あの古墳が登録されるかも!?「世界文化遺産」を英語で言うと

大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」がユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなりました。非常に喜ばしいことですよね!

さて、この「世界文化遺産」。英語で何というかご存じですか?

世界文化遺産=World Cultural Heritage

「heritage」は「遺産、財産」という意味の英単語です。

例)It may be designated as a World Cultural Heritage site this year.(=今年ユネスコの世界文化遺産に指定されるだろう)

そして、もう一つの世界遺産である「世界自然遺産」はどう言うのでしょうか?

世界自然遺産=World Natural Heritage

今度は「自然」を「natural」と表現していますね。1語変わるだけなので、ぜひ合わせて覚えておきましょう。

例)There are four World Natural Heritage sites in Japan.(=日本には4つの世界自然遺産があります)

また、あまり馴染みはないですが、ベートーベン「第九」の楽譜や「アンネ・フランクの日記」など、「歴史的記録物を保全し、広く公開することを目的とした」遺産登録もあるそうです。

世界記憶遺産:Memory of the World Register

「memory」は日本語でも使われるように、記憶や記録のことですね。上記の2つとは表し方が少し違い「of」を使います。

例)The Memory of the World Register is also known as “Memory of the World.”(=世界記憶遺産は、「世界の記憶」とも呼ばれます)

いかがでしたでしょうか?

気になるニュースを英語で調べてみると、新たな表現に出会います。ぜひ日常生活の中でも楽しみながら、英語力をのばしてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

Source: 朝時間.jp