朝やる気がない時におすすめのヨガポーズ

例年「五月病」と呼ばれている、GW明けのモヤモヤな体調。今年は10日間のお休みと特別だっただけに「令和病」と言うそうですね。大型連休明けに関わらず、週末のお休み明けは、いつもよりも1日を始めるのに気合が必要なこともあります。そんな時は寝起き一番、思い切って気分転換からスタートしてみましょう! 部屋の掃除をするもよし、趣味の時間に充てるもよし、パンを焼くもよし。いつもはしないことをする楽しみを、週明け早々にとっておくのもいいかもしれません。

ヨガのポーズで心を入れ替えてみるのもおすすめです。逆さまになってみましょう! 壁を使った逆転なら体にも心にもやさしくアプローチできるので、寝起きにも適しています。逆転のポーズは血圧を下げ、冷静さを取り戻してくれます。それは心の余裕を生み出すことにも繋がります。それから逆さまになれば、当然、視界も逆さま。今までは違った視点から世界を見ると新しい発見もありますね! いつもとは違った朝を迎えられることうけあいです。


【ヴィパリタ・カラニ】
やさしい逆転のポーズ

○ポーズの入り方
壁に体側をつけて、膝を抱えて座る(どちら向きでもOK)。お尻を中心にぐるりと回転し、脚を壁に立て掛け、背中を床に置く。坐骨が壁に付くまで、壁に寄る。このまま少しの間過ごす。
ポーズから抜ける時は、膝を抱えて横向きになる。手を床に着いてゆっくり起き上がる

○期待できる効果
_頭に血液や酸素、エネルギーを巡らせる
_副交感神経を優勢にして落ち着きを取り戻す
_視野を広げる
_脚のむくみを和らげる

model=Kumiko Shibata(YOGA ME!山形

 

Source: 朝時間.jp