【フライパンちぎりパン最新情報】あの〈イングリッシュマフィン〉も作れます♪

料理雑誌『オレンジページ』の誌面からうまれた「フライパンちぎりパン」。
その名のとおり、フライパンひとつで、ちぎりパンが作れちゃうんです。

直径20cmの小さめフライパンが型代わり。
フライパンで高速発酵(通常のパン作りの約半分の時間!)させたちっちゃな丸い生地たちは、こんな風にふくらんでくっついて、みちみちに。

フライパンで両面を焼くから、こんがりと香ばしく、中はふんわりもっちり。

「画期的!」と好評だった「フライパンちぎりパン」の進化はさらに続き……。
「ちぎりイングリッシュマフィン」も登場!


イングリッシュマフィンって、買ってくるかお店で食べるか、そんなイメージが強いですよね。
でもでも、じつはおうちで作れるんです! それもフライパンひとつで!

基本的な作り方は、「フライパンちぎりパン」とおんなじ。
生地をこねて、フライパンで発酵させて、フライパンで焼きます。

イングリッシュマフィンのポイントは、ずばりヨーグルトコーングリッツ

基本の生地にヨーグルトを加えることで、あのさっぱりとした味わいに。
しっとりもっちり食感になるのも、ヨーグルト効果!

そして、もうひとつ欠かせないのがコーングリッツ
これを表面にまぶすのとまぶさないのでは大違い。カリッと香ばしく、一気に本格派の仕上がりに。
コーングリッツは、とうもろこしから作られるつぶつぶの粉。製菓用品店などで、100g140円ほどで売られています。薄力粉や強力粉などとくらべて、手に入れるのにハードルがあるかもしれませんが、その甲斐はあるので、ぜひご用意を。

さて、イングリッシュマフィンといえば! やっぱり思い浮かべるのは朝食。

「ちぎりイングリッシュマフィン」ならではの、おすすめアレンジがこちら。
大きいまま厚みを半分に切って、スクランブルドエッグとスライストマト、カリカリに焼いたベーコンをはさめば、ボリューム満点の超個性派ベーコンエッグマフィンサンドに。

ちょっと早く起きた休日に、手作りのイングリッシュマフィンで朝食(現実的にはブランチかな)なんていかがでしょう。
甘いのがお好みなら、ソテーしたバナナ&メープルシロップもおいしいですよ~。

フライパンひとつで、こね始めから焼き上がりまでほぼ70分で作れちゃうから、そんな優雅な朝の過ごし方も、できそうな気がしてきませんか♪

 

料理/高山かづえ 撮影/寺澤太郎(「フライパンちぎりパン」分) 田村昌裕(「ちぎりイングリッシュマフィン」分) 文/編集部・清水祥子
『フライパンで焼ける! 7つのちぎりパン』(オレンジページ刊)より)

Source: オレンジページ☆デイリー