あと一品ほしい時に!無限に食べられそうな簡単「もやし」レシピ♪

5月8日:今日は「小鉢の日」

いつもの食卓に「あと一品欲しいなぁ」という時、よくありますよね。そんな時に便利なのが、簡単にできる小鉢のヘルシーおかず。

私が先日、パパッと作れるモノはなにかないかな〜と探していたときに見つけた、とっても簡単にできて無限に食べられそうな「もやし」レシピを、今日はご紹介します!

あと一品ほしい時に!無限に食べられそうな「もやし」簡単レシピ♪

私が最近ハマっている、もやしを使った簡単レシピ。とってもお手軽でコスパもばつぐん!なのに、一袋をひとりで完食してしまうほどおいしくて、とにかくハマっています…!

そのレシピの材料は

  • もやし
  • きゅうり
  • 塩昆布
  • ツナ缶
  • ごま油

だけ!どれもおうちにありそうな材料ですよね。きゅうりがなければ、もやしだけでもOK!

材料がお手軽なだけでなく、作り方もボウルひとつでとにかく簡単。

1) 耐熱容器(ボウル)に洗ったもやしを入れて、600wのレンジで1分程度チンします。

2) (1)のもやしに、細く切ったきゅうりとツナ缶、塩昆布、ごま油適量を入れて、よくかき混ぜて完成です。

とっても簡単なのに、やみつきになるほどのおいしさなんですよ〜。お好みで白ごまをかけてもgood!もやし1袋にツナ缶1缶、きゅうり1/2本など、素材はお好みの割合で組み合わせてみてください。

塩昆布やごま油も、お好みの量で。特に塩昆布は塩分が強いので、少しずつ加えてみてください。

ツナは、水煮ではなくオイル漬けのタイプを使う場合は、ごま油の量をぐっと減らしてもコクが出ておいしく召し上がれますよ♪

私はまだ試したことはありませんが、キャベツや豆苗などでもアレンジができるかな?と思います!

なお、塩昆布の代わりに顆粒コンソメ+おしょうゆ、ごま油の代わりにオリーブオイルで作るバージョンもあるようですよ。

もやしは安くて手軽に買えるので、GWでお金を使いすぎてしまった…というときの救世主でもありますよね。

パパッと作れて、お酒のおつまみにもぴったりです。あと一品ほしい…!というときはぜひ作ってみてくださいね〜。

「小鉢の日」とは?

兵庫県神戸市に本社を置き、豆製品や昆布製品、お惣菜など健康に根差した食品を数多く製造販売するフジッコ株式会社が制定。いつもの食卓に小鉢のおかずをプラスすることにより、和食の理想である「一汁三菜」の食事で栄養のバランスをとってもらうのが目的。日付は5と8で「小(5)鉢(8)」の語呂合わせから。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → https://apple.co/2RK3Dcj

Source: 朝時間.jp