「手巻き寿司」は何と言う?マイナーな日本食の英語表現3つ

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

手巻き寿司

「手巻き寿司」は何と言う?日本食の英語表現3つ

今回は、日本語のままでは通じにくい、少しマイナーな日本食を英語で説明する時のヒントをご紹介します♪

1) 手巻き寿司=hand-rolled sushi

自分で好きな具をのせて食べる手巻き寿司は、レストランのメニューにはあまりないため外国人には知られていません。

“Sushi”だけでは握り寿司をイメージしてしまうので説明するときには”hand-rolled”をつけましょう。

2) お好み焼き=Japanese savory pancake Okonomiyaki

“Okonomiyaki“のままでも日本食好きの外国人は理解するでしょう。

ただし、食べたことがない人には、“savory pancake”と表現するとイメージしてもらいやすいです。 “savory”(セイボリー)は、”savory crepes”(甘くない食事系のクレープ)のように、デザートではない塩気のある食べ物であることを表しています。

3) 茶碗蒸し=savory steamed egg custard with toppings

custardを使っているので甘い料理と勘違いされないように、こちらも”savory”を付けると良いですね。

*****

日本食の名前を直訳しても通じない場合は、「パンケーキに似たもの」や「卵と出汁を蒸すプリンのようなもの」など、それがどのような料理かを補足することがコツです。

それでは次回もお楽しみに♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

Source: 朝時間.jp