犬のケア、しつけ、フード管理…。愛犬の困ったを対処する方法3つ

動物は人と違い、言葉が話せません。

愛する愛犬が健康に、そして幸せに暮らせるように、愛犬の「困った」を飼い主が察知して、的確にケアしてあげたいものです。

愛犬はどんなことやどんな場面で「困った」と感じるのでしょうか。

知っておいて損はない犬のケア、しつけ、フード管理といった愛犬の困ったを対処する記事を、3本まとめてご紹介します!

年齢別・愛犬のための住まいづくり

ワンちゃん

愛犬は人よりも早く歳をとります。

年齢によって、できる・できないこと、興味のあることが変わっていくので、年齢に合わせた心地よい環境を用意してあげましょう。

幼いうちは活発で好奇心旺盛なので、誤飲やケガのリスクが高くなります。

反対に、歳をとって高齢になると動くことが辛くなっていき、ゆっくり体を休められる場所が必要です。

こちらの記事では、愛犬の年齢を5段階に分け、それぞれの年代の特徴と、必要なサポートの方法をお伝えしています。

詳しくは記事をチェック!

 

 

性格別・来客時のしつけ

しつけ

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

犬にとって、家は守るべき大切な住みかです。

知らない人が突然家にやって来ると、「侵入者」と勘違いしてしまうことも。

来客が来たら、警戒して吠える子、怖がって隠れてしまう子など、さまざまな反応をみせます。

来客が愛犬のストレスになってしまわないように、飼い主としてしつけに取り組んでいきましょう。

対策としては、犬の性格をよく知り、タイプ別に少しずつ来客に慣らしていくことです。

ビビりなタイプや、興奮しやすいタイプなど、犬の性格に合わせたアプローチ方法を、ペットの行動学や食育を学んだ愛犬家がレクチャー!

詳しくは記事をチェック!

 

意外と知られていない!NGなフードの保管方法とは?

ワンちゃんのごはん

愛犬の健康のために、フード選びにこだわる飼い主は多いでしょう。

しかし、いくら体に良いフードを用意していても、保管方法が良くないと、中身が劣化してしまうことがあります。

パウチや缶詰は一度開封すると傷みやすいので、すぐに使い切るのが常識。

しかし、保存性の高いドライフードは、「大丈夫でしょ」とついつい油断しがちです。

意外な落とし穴となっているのが、ドライフードの保管方法です。

間違った場所で保管すると、フードの劣化を早めて、カビが生えてしまうこともあります。

また、フードだけでなく、フードボウルの管理も愛犬の健康に関わってきます。

衛生的にフードを保存できる容器や、掃除アイテムなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

詳しくは記事をチェック!

Source: 日刊住まい