『卒業した』を英語で※英語の面接用語と一緒に

おはようございます♬日本がGWまっさかりですね!

今朝はひょんなことから
アメリカでインターンシップをしたい学生さんが
phone interview(電話面接)を受けることになり
なぜかそれを隣で聞いて
終わった後に、良かった点
今後に活かしたい注意点などをお知らせする
というアルバイトをしたときのこと。

つまり人が電話で仕事の面接を受けているのを
隣で聞きながら、メモを取り
終わった後に一緒に反省会をするっていう
日本だとあまり考えられない
シチュエーションに遭遇したわけなのです。

指定された場所は近所のカフェ
Ada’s Technical and Book Cafe
名前からしていい感じのこのカフェ。

広い店内には仕事がしやすそうなデスクと
お友達とTVを観たりゲームをしたりできるスペースがあって
朝も早くから学生さんたちがたくさん。

そんなわけで、優秀なこの男の子は
ささっとphone interview(電話面接)を終えて
私のreview(総括)も簡単に終わってしまいました。

昨今の若者っていうのは本当に優秀。
英語も上手だし、人慣れしているというか
電話口でも人懐っこさが伝わるような話し方で
これはきっとFace-to-face job interview(対面の面接)
決まるだろうなぁなんてことを思いながら

「1つだけいいですか?」と
(相棒の)右京さんみたいなゼスチャーで
英語が上手な人でも意外と間違える
たった1つの、誰でも知ってるあの前置詞を

日本の未来を担う若者と
日本の今を明るくしている朝時間のみなさまに
シェアしたいと思います。

電話面接で良く聞かれるのが
日本の面接でも同じ
「これまでの経歴を簡単にご説明いただけますか?」

日本の大学を卒業してシアトルの大学に通いながら
アメリカで仕事の経験を積むことができるビザを持つ彼。

もちろん「日本の大学を3月に卒業して」
と話は始まるわけですが

みなさんなら
私は大学を卒業しました。って
英語でどう言いますか?

 

①I graduate college.
それとも
②I graduate from college.

正解はもうすでにヒントを書いてしまったので
うすうす気付いた方も
「こんな簡単なこと、ヒントいらんわ」と思った方
ごめんなさい…涙

 

 

 

 

そうです答えは
②I graduate from college.なんです。

①だと私(I)が大学に学位を与えた(graduate college)
みたいな印象になって、聞いてる方が???となりがち。

もっと簡単なフレーズは
I’m a college graduate.(私は大学卒です)

誰でも知ってるこの単語たちを使って超簡単に
I went to 〇〇 university(college).(〇〇大学へ行きました)
あたりで十分通じますのでお見知り置きのほど。

無事に仕事が終わったということで
得意の自分にご褒美時間のスタート。

朝も10時前だから罪悪感が全然違います(/ω\)

美味しいラテとチョコレートドーナツを
ささっといただいて、私も本業のために出勤。

私ももう一回学校に行きたいなぁ、と
全く違う角度の影響を受けながら
今日もがんばってしっかり稼いで来ようと思います。

お仕事やご家庭のことで朝はやんややんやの大騒ぎ
なんて方がいらしたらぜひ
朝からこっそり自分だけ甘いもの、やってみてください♬

とりあえずランチの時間までは凌げます。笑
そんなわけでみなさま、どうぞSweetな1日を♡

Source: 朝時間.jp