OZONEに収納メーカーの最新キッチン「Aʼdress(アドレス)」が初登場!

新宿パークタワーの「リビングデザインセンターOZONE」には、家具をはじめ、生活雑貨、住宅設備など、家づくりのアイテムが詰まっています。

そんなリビングデザインセンターOZONEの7階に、4月9日、システムキッチンを体験できる「INTENZA ショールーム」が新たにオープンしました!

ここでも注目アイテムはシステムキッチン「Aʼdress(アドレス)」。

収納メーカーならではの知恵やアイデアを取り入れたシステムキッチン「Aʼdress(アドレス)」の魅力に迫ります!

もう迷わない!道具の収納場所がピタッと決まるキッチン

Aʼdress(アドレス)
インテンザはもともとオーダーメイドが基本で、使う人の立場に立ったものづくりと、オリジナリティに定評があるメーカーです。

新システムキッチン「Aʼdress」は、ブランド初の規格品。

これまで培った経験と技術を集約し、「使いやすく、自然に片付く」キッチンを目指しました。

「Aʼdress(アドレス)」には、“address”(収納の住所)と“dress”(ドレス・正装)の2つの意味があります。

キッチンは器具が多く、収納に苦戦する声が圧倒的に多い場所です。

ものの収納場所「アドレス」が決まっていないと、調理のたびに必要なものを探す手間がかかってしまい、ストレスになってしまいますよね。

Aʼdress(アドレス)

「Aʼdress(アドレス)」は収納メーカーとしてスタートしたインテンザならではのアイデアで、ものの“住所”を固定できるように設計。

引き出しを開けると、調理器具が整然と並び、何がどこにあるのかも一目瞭然です。

見た目の美しさにもこだわり、毎日の暮らしを便利に、そして華やかに楽しませてくれます。

 

シンク内部に調理スペースを設置!片付けが秒で終わる!?

Aʼdress(アドレス)

シンクの形にもオリジナルのアイデアが光ります。

開発者が魚好きで、調理スペースで魚を扱うときに、後片付けの大変さや生臭さが残ることが気になっていたのだとか。

「それならシンク内部に調理台を作ろう!」とひらめいたのがきっかけで、「StretchSink(ストレッチシンク)」が考案されました。

Aʼdress(アドレス)

調理スペースがステンレスでできているので、使い終わったら、洗剤でゴシゴシ洗ったり、水でじゃぶじゃぶ洗い流すことができます。

まな板で包丁を使って作業をしたときも、野菜くずやみじん切りの欠片などがすぐに片付くので、調理中のストレスが大幅削減。

片付けが簡単だと、時短にもなって一石二鳥です。

 

日本らしいデザイン「J-KITCHEN」も同時展示!

ショールームの奥には「Aʼdress(アドレス)」の奥に、ブルーの色味が美しい「J-KITCHEN」も展示しています。

毎年4月にイタリア・ミラノで開催される100万人規模の「ミラノサローネ国際家具見本市」に、出展し好評を得たオリジナルキッチンです。

最新技術のタッチセンサーディスプレイや、漆塗りや褐色(かちいろ)ガラスといった日本の伝統技術を盛り込みました。

日本の生活様式から着想を得て、余計なものを削ぎ落し、機能性や使い勝手を追求。

デザインは「静寂」をイメージし、シンプルながら独特の美しさをまとっています。

 

いかがでしたか?

インテンザの「Aʼdress(アドレス)」と「J-KITCHEN」は、新宿パークタワーのリビングデザインセンターOZONE7階の「INTENZA ショールーム」で公開中!

ぜひ一度足を運んで、最新システムキッチンの魅力に触れてみてください。

【INTENZA ショールーム】
■場所 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE内7F
■営業時間 10:30~19:00
■定休日 毎週水曜
■URL https://www.ozone.co.jp/

【参考】
※ 「INTENZA」ブランドサイト

Source: 日刊住まい