オジュウチョウサンが障害11連勝 中山グランドジャンプ、史上初の重賞同一レース4連覇

第63回有馬記念(GⅠ)。レースを終えた武豊騎乗のオジュウチョウサン=2018年12月23日、千葉・中山競馬場

障害と平地の「二刀流サラブレッド」として人気のオジュウチョウサンが4月13日、競馬の障害GⅠレース、第21回中山グランドジャンプ(芝4250メートル)に優勝し、同一重賞レースでの4連覇を達成した。

オジュウチョウサンは2013年10月にデビューしたものの結果が振るわず、障害レースに転向。障害で数々の結果を残すと、2018年7月に平地のレースに復帰し、武豊騎手を背に見事優勝した。11月の南武特別(芝2400メートル)でも優勝し、12月の有馬記念にも出走していた。

13日は、終始レースをリード。コーナーでは一度も順位を落とすことなく、2着のシンキングダンサーに2馬身半差をつけて圧勝。障害での連勝記録を11に伸ばした。

Source: ハフポスト