現地、鍵取り、立ち合い。内見では「鍵の開け方」が3タイプある?

賃貸物件は普段、鍵かかかっていて入ることができないため、当然ながら内見の際は何らかの方法で鍵を開けなければなりません。

仲介店舗で物件資料を見ていざ案内、となると営業は管理会社に電話を入れて内見を申し込みますが、その際に「現地ですか?」「鍵取りですか?」といった会話が必ずなされます。

内見での「鍵の開け方」には、3種類あるのをご存じでしょうか?

今回は内見時の部屋の「鍵の開け方」ついてご紹介します。

「現地」「鍵取り」「立ち合い」鍵の開け方は3タイプある

賃貸物件は空き室の状態では何らの収益も発生させないので早急に埋める必要がありますが、そのためには「案内なくして契約なし」という通り多くの人に内見してもらう必要があります。

内見

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

大勢の人が立ち入れば破損・汚損といった事態が発生する恐れがあり、貸主にとっての大切な商品を守るために部屋は通常は施錠されていてます。

ですので、内見で客が室内に入る際は仲介会社の社員が必ず付きそうことが不文律となっています(そうはいっても客だけ内見に行かせて案内の手間を省く会社も稀ではありますが存在し、筆者も実際に目撃したことがあります)

鍵の開け方に関しては業界用語で「現地」「鍵取り」「立ち合い」と概ね3タイプに分かれています。

鍵

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

 

業者にとってありがたいのが「現地」

何らかの方法で鍵を物件周辺に設置するのが「現地」です。

物件に直行できるため、仲介会社の営業にとって最もありがたいのがこの方式です。

メーターボックスやメールボックス内にキーボックスを設置する場合と、玄関ドアのドア枠に金具を設置して外部にダイヤル南京錠を設置する場合があります。

メールボックス

YNS / PIXTA(ピクスタ)

内見申し込み時にキーボックスの場所やダイヤルの番号を教えてもらうのですが、その際は不動産業者であることを証明するため、自分の名刺を相手業者にFAXすることになっています(FAXが到着したら番号を連絡してもらえます)。

 

意外と面倒だった「鍵取り」

借主側・貸主側どちらの仲介会社にとっても手間が省けて良いのが「現地」ですが、玄関ドアの形状やオートロック等の事情により現地に鍵を設置できない場合もあります。

その際は店舗まで鍵を取りに来てもらわくてはならず、こういったやり方を「鍵取り」と呼びます。

不動産 鍵

maroke / PIXTA(ピクスタ)

物件が店の近くにある場合は特に問題ないのですが、遠方の場合は鍵を預かってくれる業者を物件周辺で探さなければなりません。

借主側の仲介会社にとっては、物件の所在地に加えて業者の位置も確認しなければならず、一度に複数の物件を案内する際には特に面倒に感じられたものです。

ちなみに鍵を借りる際には、預かり証代わりに名刺を一枚出すのが業界共通のルールです。

 

何となくプレッシャーを感じる「立ち合い」

内見を申し込むと現地で業者やオーナーが鍵を開けてくれるのが「立ち合い」です。

マンションオーナー

cba / PIXTA(ピクスタ)

現地対応にも鍵取りにもしないということは何らかの事情があるということで、筆者の場合は「立ち合いです」と言われた途端にモチベーションが一気に下がったものです。

マンション 鍵

ucchie79 / PIXTA(ピクスタ)

内見予定時間に合わせて鍵を開けておいてくれるだけならいいのですが、内見そのものにまでオーナーが立ち会うという場合もあり、「お客さんの反応はどうでしたか?」などと後から聞かれたこともあります。

 

営業が電話で話している内容にも耳を傾けてみよう

「「御社、“のっけ”OKですか?」と、不動産会社の営業が電話していたら要注意!?」という記事を以前書いたことがありますが、営業が電話で問い合わせをしている言葉の中には様々なサインが隠されている場合が数多くあります。

不動産会社 営業マン

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

物件探しの際は、カウンターの向こうにいる営業が電話でどんなことを話しているか、ぜひ耳を傾けてみてください。

Source: 日刊住まい