「ヘイトスピーチ」で更迭 年金機構・世田谷事務所長

日本年金機構は3月25日、Twitter上で匿名のアカウントで差別的な書き込みをしていた世田谷事務所長の葛西幸久氏を更迭した。葛西氏は人事部付に異動となり、今後も機構が詳しい経緯を調べるという。

機構によると、3月24日に葛西氏から「自分の匿名のTwitterアカウントで差別的な書き込み、不適切な書き込みをして炎上している」などと事実関係についての報告があった。機構は事案を把握し、更迭に踏み切った。

「ツイッター上でヘイト発言をしたことは報告を受けて、確認している。事案を重くみて更迭した」(同機構)

今後も個別具体的な書き込みについて調査を続けるという。

葛西氏のものとされるアカウントでは、過去に特定の国会議員や著名人の名前をあげて「売国奴」「反日」、さらに特定の国籍を中傷する書き込みが繰り返されていた。

25日現在、同アカウントでは「私が行ったヘイト発言について本日会社に報告いたしました。 ヘイト発言について深くお詫びするとともに、今後二度と行わないことをお約束申し上げます」と謝罪がアップされ、過去の発言は削除されている。

同機構は「差別的な発言はあってはならないものであり、極めて遺憾。同様の事案を繰り返さないように再発防止、規範意識の向上に努める」としている。

 

 

 

Source: ハフポスト