石野卓球さんが腕に『電』のタトゥー 込めた思いは「Zin-sayは電気グルーヴ」

電気グルーヴの石野卓球さんが3月24日、腕に「電」のタトゥーを入れたことを、写真付きでTwitterで報告した。

相方のピエール瀧容疑者が、コカインを使用したとして厚生労働省麻薬取締部に逮捕されたことを受けて、電気グルーヴは予定していたツアーの中止などを余儀なくされている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ツイートは「Zin-sayは電気グルーヴ」とつづっており、腕に刻まれた「電」の字は、電気グルーヴへの思いの強さが現れている。

投稿された写真には、丸で囲われた黒字の「電」の字が写っている。「51歳初Tattoo入れました!」と報告し、「“Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生”」と、電気グルーヴとして活動し続ける決意をつづった。

「真似すんなよ」と忠告もしている。

直前に投稿したツイートでは、卓球さんはサングラス姿の自撮り写真を公開。「頭丸めてないよ」とづつっていた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ツイートに対して、「全ての思いが込められている」「何があってもファンでい続けます」「愛を感じずに入られません」と、ファンからの温かいメッセージが溢れた。

事件を受けて電気グルーヴ作品が回収されたことに対して、坂本龍一さんが「音楽に罪はない」とツイートしたり、反対の署名活動が始まったりするなど、自粛に疑問を投げかける声が上がっている。

Source: ハフポスト