指原莉乃さん「全員納得はしていない」AKSの記者会見の内容に苦言

HKT48の指原莉乃さんが、3月24日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、NGT48の山口真帆さんが男性から暴行を受けた問題をめぐって運営会社AKSが開いた記者会見について、「全員納得はしていない」と苦言を呈した。 

自身がプロデュースするアイドルグループ「≠ME(ノットイコールミー)」のお披露目会見に出席したHKT48の指原莉乃さん=2月24日、東京都品川区

会見を見ていたという指原さんは、山口さんがツイートで会見の内容に反論したことに触れながら、「私の周りのメンバーも、『なんでこうなっているんだろうね』という感じで全員納得はしていない」と、自らの心情と周囲の反応を明かした。

さらに、「第三者委員会の存在っていうのが私もちょっとまだよく分かっていなくって」と断った上で、「うちの会社のAKSが第三者委員会を依頼した訳じゃないですか。そうなると、AKS寄りの意見になってしまうじゃないのかなと思ったんですけど、その間に誰を立てればいいのかと思う」と、調査体制について疑問を呈した。

また番組では、指原さんが先日、AKSの複数の社員に「(この問題)このままで終わるんですか?どうなっちゃうんですか?」と話をした時は『(会社側から)今第三者委員会が動いているから、待ってほしい』と言われてこれ(今回のような対応)だったので、もうちょっと何かしないと」と語った。

この問題を巡っては、運営のAKSが3月22日、第三者委員会による調査報告書について記者会見を行ったが、報告・会見内容などに対して、被害者であるNGT48の山口真帆さんはTwitterで反論していた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: ハフポスト