無印良品のホテルが日本上陸。MUJI HOTEL GINZAのコンセプトは「アンチゴージャス、アンチチープ」

MUJI HOTEL GINZAの客室

無印良品のホテルMUJI HOTEL GINZAが4月4日(木)、東京・銀座にオープンする。無印良品のホテルは中国の深圳と北京に続き3店舗目だが、日本では初めての店舗だ。コンセプトは「アンチゴージャス、アンチチープ」。ちょうど良い価格で、心も体もリラックスできる空間を目指している。

ホテルは、無印良品の世界旗艦店『無印良品 銀座』の6−10階に入る。6階がフロントとレストラン、7−10階が客室(79部屋)となっている。

内装は、無印良品の店舗と同じように、木・石・土を中心に「自然」の風合いを大切にしているという。客室は、旅先にいながらも「家にいるような」くつろぎと気持ち良さを追求した設計。内装デザインは全て、無印良品を運営する良品計画が監修している。マットレス、バスタオル、証明など、無印良品のこだわりの備品が用意されている。

まだ詳しくは明らかにされていないが、50年前に東京を走っていた路面電車の敷石や船の廃材なども共同空間に取り入れられる予定だ。

MUJI HOTEL GINZAの客室

宿泊料金は、1万4900円から5万5900円まで。コンセプトに沿って、高すぎず安すぎない「ちょうど良い価格」に設定したという。

 株式会社良品計画の広報・サステナビリティ部の関瑞穂さんは、「ターゲットの客層は特に定めていないです。銀座を訪れる、日本中・世界中の人に来て頂きたいです。」と話す。予約は3月20日から開始している。

Source: ハフポスト