「コック」=cook?名詞と動詞の違いに気をつけたい英単語3選

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

コック

「コックさん」=cook?名詞と動詞の違いに気をつけたい英単語3選

英語の動詞「explain(=説明する)」を名詞にすると「explanation(=説明)」になりますよね。

では

advise(=助言する)

という動詞を名詞にすると、どうなるでしょうか?

ここでは、ちょっと注意が必要になります。なぜなら、名詞と動詞ではスペルと発音がほんの少し変わるからです。

名詞では

advice(=助言)

となり、発音は「アドバイス」に変わります。 (動詞のadviseは「アドバイズ」と発音します)

また、サッカーでシュートするという意味の動詞

shoot(=シュートする)

は、名詞では

shot(=シュート)

となります。また、「料理する」という意味の動詞

cook(=料理する)

の名詞は、スペルも発音もそのまま

cook(=料理人)

です。

料理をする人ということで「cooker」に間違えられやすいですが、cookerは、調理器具のことです。

「私の旦那は良い料理人です」を「cooker」を使って表現してしまうと

My husband is a good cooker.(=私の旦那は良い加熱調理器です)

というおかしな意味になってしまうのでご注意を!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

Source: 朝時間.jp