把瑠都、エストニア国会議員への選出を報告「これからもガンバルトー」

元大相撲大関でタレントの把瑠都が3月17日、母国エストニアの国会議員に選出されたことを、Twitterで発表した。当選した現職市長が市長職を継続する意向を表明し、代わりに把瑠都が補欠当選した模様だ

https://platform.twitter.com/widgets.js

把瑠都はTwitterで「せんじつ おこなわれた Estonia せんきょにて ねんがん の こっかいぎいん に なることが できました」と日本語で報告。

「これからも よりいっそう Estonia と Japan の かけはし と なれるようこれからも ガンバルトー」と、自分の名前を文字って意気込みをつづった。

把瑠都は2018年4月29日、放送された日本テレビ系「さんま転職DE天職7」で、エストニアに帰国して国会議員を目指すと宣言。最終的には、「みんなが幸せになるように、大統領になりたい」と夢を語っていた。

把瑠都の報告には祝福の声があいつぎ、把瑠都さんが主演を務めた「弟の夫」の原作者の田亀源五郎も「おめでとうございます!」とねぎらった。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: ハフポスト