セガがピエール瀧容疑者出演のゲームを販売自粛、逮捕の波紋続々

「JUDGE EYES:死神の遺言」

コカイン使用の疑いで逮捕された電気グルーヴのピエール瀧容疑者。逮捕から一夜が明け、各地に波紋が広がっている。

セガは3月13日午後、ピエール瀧容疑者が出演しているプレイステーション(PS)4用のゲームソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の販売を当面の間自粛することを発表した

逮捕は「大変遺憾」だとして、「当面の間、当該製品の出荷及びDL販売、製品HPの掲出等を自粛させていただくことといたしました」とコメント。今後の対応は「検討の上決まり次第、お知らせ」するとしている。

「JUDGE EYES:死神の遺言」は主人公・八神孝之を元SMAPの木村拓哉さんが演じている。ピエール瀧容疑者は暴力団の若頭、羽村京平役で出演していた。

セガは公式Twitterでも過去の「JUDGE EYES:死神の遺言」に関する投稿を削除。「過剰な対応では?」など嘆く声が寄せられている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

出演中のNHK大河ドラマ「いだてん」も、担当者らが対応に追われた

出身地の静岡朝日テレビの冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」も公式サイトやTwitterが削除され、ポスターの撤去も進んでいるという

15、16日にZepp Tokyoで開催予定だった「電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”」も中止が決定している

Source: ハフポスト