ofとforではこう違う「思いやり」を表す英語表現

おはようございます♬

昨日、ネブラスカ州に住んでいる友人から
君のインスタグラムを見たんだけど
うちにもあの小さいお人形送って!」とメールが。

 

 

 

 

 

 

Sam、いいセンスしてるよ♬
これは私のふるさと会津若松に伝わる
『起き上がり小法師』
家族の人数+1個を毎年買い替える縁起物。

我が家は2人家族なので合計3個。
去年の分と今年の分が今、一緒になっているので変な感じ。
(基本的に去年の縁起物は塞ノ神で燃やしてもらいます)

この起き上がり小法師を買うときに
会津人が、必ずするのがこの動画(2ページ目)のように
一度、転がしてみて
きちんと「起き上がるか」を確認すること。

そうです。この縁起物には『七転び八起き』同様
何度転んでも何度でも立ち上がろう!という
不屈の精神が込められているとかいないとか…w
※本当の詳細はこちらから※

そんなことを英語でSamに説明しながら
会津人の精神まで盛って話しているときに
出てきた「思いやり」という表現

相手のことを考える
と言いたいとき出てきそうなのが
A: think for others
B: think of others
あたりだと思うんですがこの2つ
「forとof」使い方によって意味が全然変わってくるんです。

Aは「他人の代わりに考える」
Bだと「他人の気持ちになって考える」
わかりにくく感じますが
思いやりを持って相手の立場になって考えるときは
think of othersが正解。

例)Be considerate, think of others.
=人の身になって考えよう

 

 

そんなことを話しながら続々と浮かんでくる
相手のことを考える、の英語表現。

Samとの会話もおざなりに
(安心してくれSam。お母さんに頼んでおくよw)

この記事を書き出して思い出したこの表現。
①I thought of you.

②I thought about you.

もしこのセリフを言われたら注意して聞き分けて。
ofかaboutか。

どちらも「あなたのことを考えていた」
という意味なのですが、ややこしいことに

①は気持ちが入っているというか
of  youは『あなた(という存在そのもの)について考えていた』
これを言われたら「もしやこの人私に気があるのかも?」と
思っても仕方がない言い方。
あなたについて考えていた。という意味。

②はどちらかと言うともう少し具体的な理由があるというか
about youは『あなた(のある部分)について考えていた』
あなたに関することをあれこれと考えていたという意味。

もっとはっきり言ってしまうと
①と②の違いは①は愛している相手に使うフレーズ。
間違えて友人や同僚に使わないように気を付けましょう♬

 

起き上がり小法師の話から随分と話が逸れてしまったので
本日はこのあたりで。

世界がみんなの思いやりで溢れますように!
みなさまどうぞSweetな1日を♡

Source: 朝時間.jp