【3.11】防災グッズも多様性。妊婦、聴覚障がい、ペット…。ケースに応じた情報サイトをYahoo!が開設

『Yahoo!防災ダイバーシティ体験イベント』の様子。

いま、妊娠している。足腰が弱い。日本語が話せない。耳が聞こえないーー。

人はみな、さまざまな特徴を持っている。だから、災害に必要な備えも多種多様だ。

まもなく東日本大震災の発生から8年を迎える。3月11日にあわせて、Yahoo! JAPANが「自分だけの防災グッズ」を知ることができる特設サイトを開設した。

粉ミルクを飲む赤ちゃんには「滅菌ガーゼ・使い捨てスプーン」、アトピーには「ウェットティッシュ」…

災害に備えるための一般的な防災情報は、ネット上でも調べやすい。

(例:首相官邸災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~など)

しかし、性別や年齢、生活環境によって、必要な防災情報は少しずつ異なるのが実情だ。

ヤフーが開設したYahoo!防災ダイバーシティのサイトでは、「粉ミルクを飲む赤ちゃん」や「ペットを飼っている」、「アトピー性皮膚炎」、「聴覚障がい」など、さまざまな特性によって必要な防災情報を見ることができる。

もしもの災害時に備えて、ぜひ確認しておこう。特設サイトは英語にも対応している。

『Yahoo!防災ダイバーシティ』のサイトより。「#学生」「#塾通い」など、自分に当てはまる項目を選んでいく。「#髪が長い」「#目が悪い」「#コンタクトレンズを使用」など...。避難所での生活などで役に立ちそうな情報が詰まっている。選んだ条件に合わせて、必要な防災グッズが表示される。

3月9日(土)まで、六本木ヒルズでブースも

このプロジェクトにあわせて、3月7日(木)~3月9日(土)までの3日間、東京・六本木ヒルズの大屋根プラザでは、特設ブースも展開。

100種類以上の防災情報を記したカードをまとめて、自分だけの「防災ブック」を作成できるという。

『Yahoo!防災ダイバーシティ体験イベント』の様子。

Source: ハフポスト