地球環境大賞でも注目!「100%エネルギー自給自足型住宅」って?

環境問題への社会の関心を高め、環境保全活動・事業の推進を図ることを目的としたコンテスト「地球環境大賞」(主催/フジサンケイグループ)。先日、第28回が開催され、受賞者が発表されました!

受賞したのは、企業や学校など8つの団体。

その中には「エネルギー自給自足型住宅」を開発したハウスメーカーもありました。

100%再生可能エネルギーだけで暮らせる家が、ついに実現!?

環境技術の最先端が分かる「地球環境大賞」について、詳しくご紹介します!

大賞受賞は印刷技術を応用した“魔法瓶”みたいなボックス

地球温暖化や、環境汚染、エネルギー資源の枯渇など、環境問題は私たちの暮らしのすぐ近くで起こっています。

節電やマイバッグの使用、食品廃棄をできるだけ減らすなど、家庭でもさまざまな形で環境に貢献できることがありますね。

「地球環境大賞」は、「産業の発展と地球環境の共生」をテーマに1992年から始まり、環境問題に取り組む企業や自治体、学校、市民グループなどの活動を対象にしています。

今年の大賞に選ばれたのは、大日本印刷の「DNP多機能断熱ボックス」。
大日本印刷

印刷のコーティング技術を生かして作られた高断熱性能の輸送用ボックスで、いわば魔法瓶のような機能を持ち、外部の温度変化に左右されずに中身を運ぶことができます。

海外への長距離輸送にも使えて、温室効果ガスの削減や、食品ロスの削減につながり、これからの物流業界で大活躍しそうです。

 

積水化学工業の「エネルギー自給自足型住宅」は国土交通大臣賞を受賞!

今回の受賞の中でも気になるのが、100%エネルギー自給自足ができる住宅です。

開発したのは、積水化学工業。

高気密・高断熱で、省エネ性能が高いといわれるセキスイハイムの会社です。

国が推進する“環境にやさしい住宅”の指標、「ZEH+(ゼッチプラス)」というものをご存じでしょうか。

「ZEH」とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

  1. 高断熱でエネルギーを極力必要としない
  2. 高性能設備でエネルギーを効率よく使い、消費量をさらに削減
  3. 再生可能エネルギーで自らエネルギーを作り出す

この3つの条件のもと、住宅のエネルギー消費量ゼロを目指します。

今年度の地球環境大賞の国土交通大臣賞に輝いたセキスイハイムの「エネルギー自給自足型住宅」は、「ZEH+」の性能を備えています。

従来の高気密・高断熱に加えて、大容量の太陽光発電システム(PV)と蓄電池、電気自動車の組み合わせで、暮らしに必要なエネルギーのすべてを自給自足でまかないます。

電気もガソリンも購入することがなく、必要なエネルギーはすべて“家”が作り出してくれる。

まるで、夢のようなシステムなのです!

 

セキスイハイムの「エネルギー自給自足型住宅」は、蓄電エネルギーで災害にも強い家

最近は、地震や大雨、洪水など、自然災害の発生が増えて、災害時に強い住まいへの見直しが求められています。

家に蓄電池があると、停電になってしまったときでも電気を確保できるので、いざというときに安心です。

これからの住宅は、“電力の自立”がキーワードになるのかもしれません。

セキスイハイム

セキスイハイムの「エネルギー自給自足型住宅」は、「スマートパワーステーション 100% Edition」シリーズで、すでに2017年から発売されています。

2018年11月には、集合住宅の「レトアAZ」、2019年1月には木質系住宅「グランツーユーV-ZEHモデル」の販売も開始。

新築住宅だけでなくリフォームや、高齢者向け住宅、介護施設でも「エネルギー自給自足型住宅」の普及に取り組んでいるそうです。

環境問題というと小難しいイメージもありますが、「エネルギー自給自足型住宅」は家そのものが環境への取り組みとなり、普段の何気ない暮らしの中でエコに貢献することができます。

次世代を担う子どもたちに、自分の家のエネルギーの仕組みを教えると、教育面にもプラスになりそうですね。

 

このほか、地球環境大賞の受賞団体の情報は、地球環境大賞のサイトでご覧いただけます。

身近な企業の環境への取り組みが分かりますよ。

興味のある方はぜひ覗いてみてください!

 

【参考】

※ 地球環境大賞

Source: 日刊住まい