何となくだるい…が続いてない?寒暖差でおこる「春バテ」解消のヒント

春バテ

3月7日:今日は「すたみな太郎の日」

ここ数日関東では、春の陽気と冬らしい寒さがいったりきたり…。おまけに花粉シーズンも到来で、ちょっとお疲れ気味のスタミナ不足さんも多いのでは?

今日は、そんな季節の変わり目に気をつけたい体調管理について調べてみました!

何となくだるい…が続いてない?寒暖差でおこる「春バテ」解消のヒント

ポカポカとした陽気の春は待ち遠しい反面、なんとなく体がだるくなってしまうことも。

その理由は、春の寒暖差によって自律神経の働きが乱れてしまうから(=春バテ)なんだそう!自律神経が乱れると、疲れが抜けきれなかったり、食欲不振、気分が上がらない…といった症状を引き起こしてしまうのだとか。

しかも、新生活シーズンは環境が変わるタイミングでもあるので、メンタル面の浮き沈みも起こりやすくなるそうですよ。

早くも春バテの傾向を感じている人はもちろん、「そういえば昨年のこの時期しんどかったな…」と感じる方は、いつも以上に体調管理を心がけていきたいですよね。

自律神経の働きを良くするため、意識すると良いと言われていることのひとつが「体を温めること」

体を温めることによって、自律神経のバランスを保っている副交感神経の働きがよくなるそうです。それにより、心がリラックスできたり、体のほうも好循環が生まれるんですって!

具体的には、春を先取りしすぎて薄着にならないのはもちろんですが

  • シャワーで済まさず湯船に浸かる
  • 暖かい素材のインナーを着用する
  • 生姜入りのホットドリンクを飲む

…などが簡単に取り入れられておすすめです。

また、心身を安定させるためには、睡眠時間の確保、軽い運動、栄養バランスが取れた規則的な食事など、基本の生活習慣を整えることも気をつけたいですよね。

本格的な春シーズンを迎える前に、今からしっかりと対策をして春バテを防ぎましょう!

「すたみな太郎の日」とは?

ファミリーレストランチェーン店「すたみな太郎」を全国展開する株式会社江戸一が制定。豊富なメニューを食べ放題で楽しめる同店をアピールするのが目的。日付は3と7で「すたみ(3)な(7)太郎は、老若男女みん(3)な(7)で楽しめるお店」と読む語呂合わせから。また、3月の新たな出会いの時期に同店で楽しい時間を過ごしてもらいたいとの願いが込められている。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → https://apple.co/2RK3Dcj

Source: 朝時間.jp