子供の急な体調不良 共働き夫婦で仕事を主に休むのは?【調査結果発表】

発熱した女の子に寄り添う母親 イメージ写真

冬も終わりに近づき、インフルエンザの流行も下火になってきた。
しかし、子供の急な発熱などの体調不良は季節を問わず訪れる。その際、共働きの夫婦はどのように対応しているのだろうか?

そこで、ハフポスト日本版ではアンケートを実施。総勢268件(複数選択可)の回答をまとめてみた。

以下にアンケート結果を発表する。

主に休むのは妻

「共働きカップル:お子さんが病気で自分は仕事!そんな時、どう調整していますか?」という質問に対し、以下5つの選択肢を設けた。(複数選択可)
・主に夫が休み看病
・主に妻が休み看病
・祖父母や親戚に預ける
・病児保育やベビーシッターなどのサービスに預ける
・その他

調査結果

その結果、トップは「主に妻が休み看病」がダントツで半数以上を占める58.3%であった。

逆に、「主に夫が休み看病する」と答えたのは約7.7%で、祖父母や親戚(16.7%)、もしくは病児保育やベビーシッター等に預ける(10.5%)を下回った。

「その他」(6.8%)のコメントでは、少数ながら「夫婦で交互に休む」と平等に責任を分ける夫婦も見られたが、多くは「休める方が休む」「上記された選択肢を全て利用する」とその時の状況に合わせて対応する夫婦が多く見られた。

また、カップルそれぞれの職業の性質も深く関わっており、自宅勤務や勤務時間帯の変更などで対応している家族も見られた。

その一方、半数を超えた「主に妻が休む」では、「夫は自分が仕事を休んで看病するなど考えていない」「忙しい!の一言で夫には無理」など、夫が子供の看病で仕事を休む事は選択外、という強い意見も数件見られた。

今回のアンケート対象は共働きカップルであったが、結果は「男性は働き、女性は家を守る」という昔からの性別役割が反映しているようにも感じられた。

この4月から、厚生労働省の「働き方改革」が始まる。性別に関わらず、仕事と家庭のバランスが取れるような働き方が浸透していってほしい。

【アンケート調査概要】
2019年2月18日から2019年3月4日まで、ハフポスト日本版で実施。有効回答数268件(複数選択可能)であった。
共働きカップルを対象としたアンケートで「共働きカップル:お子さんが病気で自分は仕事!そんな時、どう調整していますか?」
結果は:
夫が主に休み看病:23票(7.7%)
妻が主に休み看病:174票 (58.3%)
祖父母や親戚に預ける:50票 (16.7%)
病児保育やベビーシッターなどのサービスを利用:31票 (10.5%)
その他:20票 (6.8%)

Source: ハフポスト