ショッパー(紙袋)が捨てられない!という人にオススメのリメイク法4つ

ショッパー(紙袋)はデザインが凝っていてカワイイものも多く、なかなか捨てられないですよね。

だからといって好きなだけストックしてしまうと、どんどん量が増えてしまいます。

そこで今回は、筆者が実践しているショッパー(紙袋)のリメイク法を4つご紹介します。

まずはいらないショッパー(紙袋)を処分!

紙袋(ショッパー)

まず最初にすることは、残すショッパー(紙袋)と処分するショッパー(紙袋)に分けることです。

いらないものは、ここで断捨離してしまいましょう。

このひと手間を惜しまないことで、クローゼットの整理にも繋げることができます。

取っておきたいもの、不要なものを分類するのは労力を必要とする作業なので、なるべく何かのついでに行ってしまいましょう。

これで後々の掃除が少しだけ楽になります。

 

1.「ティッシュケース」にリメイク

紙袋のリメイク

まずはショッパー(紙袋)にティッシュを引き出せるだけの穴をあけていきましょう。

穴をあける前にティッシュを横に置いて穴の位置を確かめると間違いがありません。

穴をあけたら、その中にティッシュのボックスを入れるだけ。壁にかけられるので便利ですよ。

 

2.「マスクケース」に活用

紙袋のリメイク

これからの季節、マスクの買い置きをする人も多いと思います。

でもマスクのケースって、意外にいいデザインのものがなく、「うちのインテリアには合わない」と感じている人もいると思います。

そこでショッパー(紙袋)を活用。こちらも壁から吊るすことができるのがやっぱり便利。

おしゃれなデザインのものなら、生活感が出にくいのもメリットですね。

 

3.「フォトフレーム」に入れてインテリアに

紙袋のリメイク

雰囲気のいいフォトフレームを用意して、そこに好きな部分をカットして入れれば、オシャレなインテリアとして活用できます。

 

4.造花を入れる「フラワーベース」代わりに

紙袋のリメイク

雰囲気のあるショッパー(紙袋)なら、造花を入れてフラワーベースとして使用するのもアリ。

紙袋のリメイク

もし安定が悪いようなら、花瓶やコップなどを重り代わりとして中に入れれば安定が良くなります。

いかがでしたか? ショッパー(紙袋)の活用術、ぜひお試しください。

Source: 日刊住まい