ネトゲ廃人だった私が「朝6時起き」で人生を取り戻したきっかけとは?

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバー・ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

私の早起きTipsをご紹介する前に、実は…とある告白をしなければいけません。

実は私、重度のネトゲ廃人でした

きっかけは大学生のころ。合格記念で買ってもらった真新しいノートパソコンを前に、あれよあれよという間に、軽い気持ちで手を出した某ネットゲームにハマりこんでしまいました。

気がついたら、太陽が昇り始める時間帯に就寝し、起床は昼過ぎ(下手したら夕方)なんていう、典型的な昼夜逆転生活に足を踏み入れていたんです

そんな私が、どうやって魔の生活スタイルから抜け出し、朝6時起きの早起き体質になることができたのか?しばし、お付き合いください。

ネトゲ廃人だった私を変えてくれた「早起き」

Photo by Danielle MacInnes on Unsplash

私の生まれ育った家庭は、もともとみんな早起き体質。私も自然と早起きを続けられていたのですが、上記のような大学生活を送ってしまったことにより、すっかり夜型体質に。

およそ4年間の昼夜逆転生活は社会人になっても尾を引いて、毎朝、文字通り「這々の体」で会社に通っていました

寝ぼけ眼のまま会社へ行き、半分眠ったまま仕事をして、気付いたら終業時間。「なんとかしなきゃ……」という漠然とした焦りだけが、心の中に重くうごめいていました。

そんな時にTwitterで見かけたのが、「朝渋」だったんです。

「朝渋」が私の人生を取り戻してくれた!

少し大げさになってしまいますが、私の人生を取り戻すきっかけになってくれたのは、「朝渋」というコミュニティのおかげ

  • 就寝時間と起床時間の報告
  • チームモーニング
  • 朝が楽しみになる部活&イベント

朝の時間が楽しみになる魔法のような工夫がいっぱいに詰まった「朝渋」。月替りでチームを組み、就寝時間&起床時間の報告をするだけでも、気持ちが引き締まって「起きなきゃ!」と思えます。

また、著者イベントのライブ配信も定期的に行われているんです。私のような地方在住者にはありがたい図らい!

早起きで自分の人生を取り戻すには、まず「朝を楽しむことから」!

これがコツだと思います。あなたも一緒に、朝の時間と自分の人生を取り戻しませんか?

それでは、行ってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください!

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバー・ゆうゆうさん

きたむらゆうゆう

旅をしながら本を読んでいる「旅する書評家」。実質は国内旅と読書が趣味のフリーライター。

Twitter:@yuu_uu_

Source: 朝時間.jp