価値観だけでなくニオイも大切!?「相性がいい異性」の見分け方3つ

手をつなぐカップル

2月5日:今日は「ふたごの日」

「双子」のきょうだいはお互いの気持ちが分かり合いやすく、一緒にいて落ち着いたり、仲良しが多いといわれますよね。

今日は、双子のように仲良しでいられそうな、相性のいい異性の見分け方のヒントをご紹介します!

価値観だけでなくニオイも大切!?「相性がいい異性」の見分け方3つ

「相手の匂い」が好き

不思議なもので、自分と相性のいい相手は、その「匂い」が好みであることが多いそう。

人間は本能的に「匂い」で他人を判断する性質があり、その匂いが好みだったり、一緒にいて気にならない匂いだったりすると、仲の良さが長続きしやすくなるんだとか。

もちろん、いくら匂いが好みだからといって、性格やその他の相性、タイミングがよくないと、恋愛はなかなかうまくいきにくいものですが、相性を判断する手段の1つとして、匂いに注目してみるのもいいかも?しれませんね。

一緒にいて「落ち着く」かどうか

相性がいい相手とは、やはりお互いの「波長」が合い、一緒にいて落ち着く、というケースが多いそう。

  • 何かと気を使ってしまう
  • 自分らしくいられない
  • 言いたいことが言えない
  • 我慢することが多い

などと感じてしまう相手は、いわゆる「価値観」が違うのかもしれません。価値観どれだけ顔やスタイルや性格がよくても、ずっと一緒にいるのはしんどいかも…。

恋愛の「ドキドキ」も大切だけれど…自分が心から安心でき、話しやすい相手が相性がいいといえるでしょう。

「生活習慣やペース」が一緒

価値観の一致も大切ですが、毎日の生活ペースやリズムが同じような相手とも、関係が長く続きやすいのだとか。

例えば、朝型の人と夜型の人、また、土日が休みの人と平日休みの人では、どうしても生活リズムがズレてきますよね。一緒にいる時間がなかなかないだけでなく、共通の話題も持ちにくくなることも。

また、衣食住に関するフィット感も重要。片方はテレビが好きだけど片方はキライだったり、食事や住まいを大事にしている人と、「食べられれば&すめれば、味や広さはどうでもいい」と思っている人だと、一緒に生活していくのが大変になりそう。

とはいえ、生活習慣やリズムすべてがフィットする相手はなかなかいないもの。お互いに歩み寄る必要は必ずあると思いますが、相手との相性を判断する前に、自分にとって「生活に関して変えたくないことは何か」をクリアにしておくことが大切かもしれませんね。

…いかがでしょうか?

「自分にはどんな人がいいんだろう?」「今付き合ってる彼とやっていけるかな?」と悩んでいる方、よければ参考にしてみてください♪

「ふたごの日」とは?

双子並びに多胎児の育児がしやすい環境づくりを考える日をと、愛知県豊明市の双子グッズの専門店であるチームベラミワークスが制定。双子、多胎児の育児に関わる人々が交流できるイベントなども企画している。日付は2と5を「ふたご」と読む語呂合わせから。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

Source: 朝時間.jp