アリアナ・グランデ、「七輪」とタトゥーを入れる⇒指摘相次ぐと「考えがある」

アリアナ・グランデ

日本好きとして知られるアメリカの人気歌手、アリアナ・グランデが新しく入れたタトゥーが、ちょっとした話題になっている。

なぜなら…。

新しく入れたタトゥーが、「七輪」という漢字だったからだ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「七輪」という言葉に、焼き魚や焼肉に使うこちら(写真)を思い出した人も多いよう。

この「七輪」の文字は、1月18日にアリアナがリリースした新曲「7 rings」を日本語訳したものと見られるが、「七つの指輪」を「七輪」と省略したようだ。

はじめ、アリアナはこのタトゥーを自身のInstagramで披露していたが、「七輪」の意味を指摘するコメントが寄せられたためか、写真は削除された。

ファンからの指摘に回答 「ありがとう」

その後、アリアナはInstagramのストーリーズで、ファンとみられるユーザーとのやりとりを公開。

「もう1文字、漢字を追加して、『七指輪』にするのはどうかな」というメッセージに、「ありがとう」「だいすき」と返信していた。

つづけて、「七」の下に「指輪」という漢字を付け足した写真を公開。「考えがある」「アドバイスと訂正をしてくれてありがとう」とメッセージをつづった。

アリアナがストーリーズに投稿した写真

ジブリ「千と千尋の神隠し」タトゥーを入れたことも

2018年8月には、宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の主人公・千尋のタトゥーを入れたことでも話題になったアリアナ。

もともと「千と千尋の神隠し」のファンで、Twitterなどでも映画のワンシーンを投稿するなどしていた。

今回の「七輪」タトゥーも、日本への親しみを感じるエピソード。ファンとしては嬉しいですね!💘


Source: ハフポスト