朝にワクワクを仕込もう!夢だった朝型生活を手に入れた私の早起きTips3つ

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」のRie(rie_cco_desu)です。

毎週「朝渋」メンバーがリレー方式でご紹介している「早起き」の魅力やコツ「朝時間.jp」さんで記事が書けるなんて、早起き生活になってよかった…と感動しています。

「早起き」は夢のまた夢だった

目覚まし時計

「また、起きられなかった…」

以前は、そんな気持ちから始まる朝ばかりでした。

会社のある日もギリギリに起きて始業のチャイムと同時に駆け込む日々。

「早起きできるようになりたい」

そうずっと思っていたけれど、何度も何度も挫折。

「なんて自分はダメなんだ…」

起きられないことでそう思うこともしばしば。

早起きしてモーニングを楽しむ”みたいな理想の朝は実現しないまま日々が過ぎていきました。(まあ今思えば、飲み会に行ったり、深夜までスマホみていたりと早起きしようとする努力もしてなかったのですが…。)

そして、、気がつけば30代。

「なにか変えたい・変わりたい…」と思っていた時に、まずは生活習慣を変えようと思い立ちました。

そんな時にちょうどみつけたのが「朝渋」。この出会いをキッカケに、私は朝型生活に挑戦することにしたのです。

私の早起き 3 Tips

1.早起き仲間をつくる

朝渋では数人ごとのグループを組んで、メッセンジャーアプリで寝る時間と起きる時間を報告し合います。

一緒にがんばれる仲間がいるのは、とても心強い!励まし合いながらくじけずに続けられるので、早起きの仲間を作ることはとってもおすすめです。

2.朝にワクワクする楽しみをつくる

楽しみな朝ごはん♪

朝にワクワクする楽しみをつくることも、私が早起きできるようになった大きなポイントです。

例えば

  • モーニング巡りをしていろんなおいしい朝ごはんを食べる
  • 朝に会いたい人たちをつくる
  • 前日の夜に朝ごはんを仕込んでおく 

というように、翌朝が楽しみになる「ワクワク」を仕込んでおくのです。自然と夜も早く寝ようという気持ちになるし、前向きな気分で眠りにつくことができます。

3.無理をしない

…とはいえ、仕事で遅くなったり飲み会があったり。早く起きることがどうしてもできないこともあります。

そういう時は無理をせず、また、落ち込まずに「よく眠れてよかった〜!!」と発想を切り替えること。

ゆるく早起きを楽しむこともとっても大切だと思います。

今のわたしにとっての「朝」

朝は、1日のはじまり。そんな朝の時間を楽しく過ごせると、夜までずっと楽しくいられる自分に気づきました。

また、”早起きできてる”ということが、なんだか小さな自信になって、他のことにもチャレンジしてみようかなというきっかけにもなっています。

その1つが「写真」です。

朝型生活になってから、早起きして朝焼けを撮りに行ったり、モーニングで行ったカフェの写真を撮ったりしていました。そこからどんどん写真が好きになりハマっていき、最近では朝渋でのイベント撮影を任せてもらえたりもするように…!

朝渋メンバー

私はずっと趣味がなかったので、こんなに好きなことができるとは思ってもみませんでした。

朝の時間を長く取ることで、時間にも心にも余裕ができて自分の「好き」に敏感になれたおかげかもしれません。

写真の他にもモーニング巡りのブログをはじめたり、デザインに興味がでてきたり…。

夢がいろいろ!

たくさんのやりたいことをやり切るためには、やっぱり「早起きすること」を大切に!これからも楽しく素敵な朝時間を積み重ねて、毎日を豊かにしていきます!

それでは、いってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?
朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。
ぜひチェックしてみてください!

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

Rie

都内勤務のOL。写真とモーニング巡りが大好きです。朝渋ではバックオフィス&ときどきカメラマン。

Twitter:rie_cco_desu

Blog:https://tokyomorninglife.com

Source: 朝時間.jp