【がんばらなくて大丈夫】組み合わせ方で栄養が変わる!「野菜の最強コンビ」5選

「野菜をたくさん食べなくちゃ!」

この呪縛にとらわれていた私は、いろいろな野菜を買い込んでは満足し、忙しさにかまけて使い切れず、自己嫌悪に陥るという、負のスパイラルから抜け出せませんでした。

そんな私が、あることを知ってから、野菜を使いきれるようになったんです! しかも栄養バランスもバッチリ、という最高のおまけつきで。

それがこの「野菜の最強コンビ」たち。
教えてくれたのは料理研究家の藤井恵さんと、管理栄養士の大島菊枝さん。
一度に使う野菜はたったの2つなのに、野菜からとりたい栄養素をバランスよく網羅できるんです。

たとえばベストコンビその1【にんじん+水菜】
β-カロテンの宝庫といわれるにんじんに、ビタミンCやカルシウム、鉄分など、マルチな栄養を含む水菜をプラス。特に美肌や免疫力アップに効果を発揮してくれます。


この組み合わせで作るサラダが、こちらの「にんじんと水菜の豚しゃぶサラダ」
にんじんや水菜に少ないビタミンB群を豚肉でフォローすれば、最強サラダの出来上がり!


こちらはベストコンビその2【ブロッコリー+まいたけ】
きのこの中でも、まいたけはβ-グルカンやビタミンB2が豊富。β-グルカンとは老化の原因である過酸化脂質を排出してくれる、今注目の栄養素です。このまいたけに、解毒作用のあるブロッコリーを組み合わせれば、最高のデトックスに! ビタミンバランスもぐっとよくなります。


この組み合わせで作るのは、「焼き野菜と鶏肉の粒マスタードサラダ」
鶏肉にはビタミンB群や亜鉛が豊富。まいたけに含まれるビオチンとともに、美髪づくりにも効果的です。


そのほかにも、ベストコンビその3【パプリカ+サニーレタス】


ベストコンビその4【かぼちゃ+しょうが】


ベストコンビその5【アボカド+プチトマト】

これら5つのベストコンビで野菜を食べれば、〈がんばりを最小〉にして〈最大の効果〉を得られるのです!!

ギューギュー詰めだった我が家の野菜室は、今では程よくすっきり。私も買い物や調理のストレスが減って、栄養バランスが整ったせいか、おなかやお肌の調子がよくなりました♪

料理/藤井恵 栄養監修/大島菊枝 撮影/鈴木泰介  文/編集部・井上
オレンジページCooking特別編集『がんばらない野菜の食べ方、考えました』より)

Source: オレンジページ☆デイリー