マンション管理では仕事のスキルが大いに役立つ!【サラリーマン理事長、100年マンションを目指す】

こんにちは。サラリーマン理事長です。

前回は自分の判断で数千万円の判断をする勇気と判断先送りの危険性についてお話ししました。

今回は、会社員が理事をするメリットについてお伝えします。

そのマンション、本当に高く売れますか?

マンション

ABC / PIXTA(ピクスタ)

輪番制で理事がコロコロ変わる、引き継ぎがされず問題が先送りになる、こういうマンションは全国にたくさんあると想像しますが、マンションは居住者の大切な資産です。

誰かが守らないと、資産が減るどころか、ひどい場合は値段がつかないようなマンションになりかねません。

「私はこのマンションにずっと住むつもりはない。もう数年したら売却して別のマンションに住むから、管理組合や理事会なんて面倒なことに関わりたくない」

そういう気持ちもよく分かります。

ただ一歩引いて考えると、売却する時に本当に高値で売れる状態になっているでしょうか?

逆に、購入時より高く売却するには、いま管理と修繕を強化した方が良くありませんか?

そういう見方もあるかと思います。

 

経験とスキルを生かしたマンション管理が必要

ビジネスマン

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

以前、マンション管理における打開策があるとお伝えしたのは「仕事の経験とスキルを管理組合で生かし、皆さんのマンションで実践する」こと。これに尽きます。

私は理事長4年目ですが、このシンプルなサイクルが本当に大切だと感じています。

「自分の会社では、こういう管理をしているんだけどな」

「私の会社で相見積もりを取る時は、何社くらい取って決めているんですが……」

「規約や契約書は、こういう考え方が良いと思いますよ」

小さなことでも大きなことでも、こういう仕事の知恵や経験を持ち寄り、管理組合に知識をため、少しづつでも管理基盤を作っていくことが、長い目で見た時にマンションの資産価値に大きく違いが出てくると日々感じます。

 

マンション管理に生かせるスキルとは?

会議

muu / PIXTA(ピクスタ)

以前、マンション管理は会社経営と近いと書きましたが、管理組合メンバーのバランスも大切。

会社勤めの方はよりピンと来ると思いますが、自分の所属する部や課のチームには数字が得意な人やコミュニケーションが得意な人、整理整頓が得意な人、交渉が上手い人、英語が出来る人、など絶妙なバランスで構成され、仕事が前に進んでいるのではないでしょうか。

理事会でいうと、理事に建築や土木のお仕事をされている方がいればひとまずは安心です。即戦力として大活躍間違いなしです。

逆にいない場合は緊急事態なので採用活動が必要になりますが、裾野の広い業界なので、マンション内を探せばこのような人材が見つかる可能性も高いと思います。

 

マンション管理に役立つ職種とは?

エクセル

CORA / PIXTA(ピクスタ)

管理という意味では、書類に管理番号を振ったり、データファイルをクラウド化して管理したり、といった事務系のお仕事も生かせるスキルが多いです。

マンションによっては高齢の方だけで管理組合が構成されている場合もあり、エクセルやワードなどを使える理事が加入するだけで劇的に管理体制が強化されることも。

PL(損益計算書)やBS(貸借対照表)が読める、長期的な事業計画を作れるといったファイナンス系の経験も、長期修繕計画を立てる際には本当に役に立ちます。

他にも、安全性や法律の遵守に伴うコンプライアンス、マーケットの相場を知る不動産、対外的な活動という意味での広報的な関わり、電気系統や配線などパソコンに強い方はシステム関連のインフラとして活躍出来ますし、デザイン系の方は美観維持に力を発揮します。

弁護士

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

弁護士やお医者さんなどの法律や医療に関わる方も、もちろんマンション管理組合の重要なメンバーで、工事や契約のレビューは法務的なスキルが必要ですし、マンションとして医療基盤を作るにはお医者様や知見を持った方が必要です。

 

マンション管理組合ではほぼ全ての職種の経験を生かせる!

私のキャリアとしては、サプライチェーンのエリアでの経験が比較的長いので、理事になった当初は数字の妥当性、見積もり比較、着地までのスケジュール管理などについては、業界が違えど大体想像ができましたし、いろいろと指摘をした記憶があります。

マンション

よっちゃん必撮仕事人 / PIXTA(ピクスタ)

ダイバーシティーが企業の命運を握る時代。

マンション管理組合では、ほぼすべての職種の経験を生かすことができる、といっても良いくらい幅広いエリアで活躍できます。

ご自身の社会人としての経験を多分に生かし、マンションの未来に繋げることこそマンション管理の打開策であり、会社勤めの方の経験とスキルを最大限に生かせる部分。

次回は、そうは言っても理事会に出るほどなかなか時間も取れないし面倒くさい、と言う方の気が楽になる話と、それぞれの理事が主体的に参加し、仕事の経験を生かすための最大のチャレンジについてお話ししたいと思います。

Source: 日刊住まい