オフィスでよく聞く「heads up」って

おはようございます♬

予定を詰めすぎて、朝ごはんも食べずに家を飛び出して
2件目の打ち合わせが終わった後のBroadway。

匂って来たらもう抗えない
シアトル人のソウルフード『Dick’s』バーガーの香り。

と、いうこうことで早速…( *´艸`)

 

 

 

 

 

チーズバーガー&フライ、スプライトを
ざざっと流し込んだ水曜の朝。雨。

ああ、すっかり朝時間の記事更新が遅れてるなぁ
なんて思っていたら、
さっきの打ち合わせでいいこと聞きました。
これ、使えるやつ。

 

Thanks for the heads-up.

 

heads up
いつものように分解して
Heads=頭(複数形)
Up=上げる。
頭を上げる?

これ英語学習3年目とかの人だと(もちろん私もその1人)
アメリカ英語にありがちな「かっこいい感じ」を想像して
「Heads up.」と見るとついつい下を向いていた
「頭を上げろ」
↓ ↓ ↓ ↓
「しっかりしろ」とか「元気を出して」なんて
連想ゲームをしがちだと思うんですが全然違うんです。

 

Heads up!はこのように2つの単語を並べるだけだと
Look out!Watch out!と同じように『気を付けて!』なんですが

heads-upと1つの名詞になると
注意喚起・警告という意味になり
(名詞なので基本この前に冠詞aを忘れずに)

こんな風に使うと
Wanted to give you a heads-up on this schedule.
このスケジュールに注意を向けてほしい。
という意味になるそうです。

 

ですが、今日の朝時間でのHeads-upはまた違う意味。

Thanks for the heads-up.』は
知らせてくれてありがとう』と仕事でよく聞く表現。

例えば、オフィスでそれほど重要でもないけれど
みんなに伝えておきたいことがあるとき
I’ll give you a heads-up.
先に伝えておくよ。
こんな風に使われています。

 

案外よく聞こえてくるフレーズなので
良かったら使ってみてください♬

 

と、いうわけで1月のシアトルは珍しく雨が少なくていい感じ。
日本の1月はまだまだ寒いと思いますが
温かくしてみなさまどうぞSweetに1日をお過ごしください♡

Source: 朝時間.jp