LivingTech2018「テクノロジーによって暮らしが豊かになる世界」~2020年以降の私たちの暮らしはどうなる?~Vol.1

昨年11月、第2回目となる「LivingTech カンファレンス2018」が開催されました。
LivingTechが目指すのは、「テクノロジーによって、暮らしがより豊かになっていく世界」。
その実現に向けて、志を同じくする多種多様なキーマンが集い、交流することのできる場をつくることが、LivingTechの活動目的となっています。
ここではカンファレンスの様子と今後の私たちの住まいと暮らし、がテクノロジーでどう変わっていくのか見ていきます。

LivingTech2018年のテーマは「POST 2020」

LIVINGTECH_114
2018年、LivingTechカンファレスが掲げるテーマは「POST2020」。
東京オリンピック・パラリンピックが2020年開催されます。
この年を通過点とし、オリンピックが終わった5年後の社会のあり方を考えていこうというもの。

今後加速が見込まれる、人口減少、少子高齢化、過剰供給など、私たちの暮らしに大きくかかわる社会課題をビジネスチャンスと捉え、どう解決していくか熱い議論がなされました。

 

2020年以降の私たちの暮らしはどうなる?

昔は何でも自分の身体を使って、洗濯や掃除、食器洗い、乗り物に乗って近隣や遠方まで出かけほしいものを調達したりと、どんなシーンでも身体を使い、移動することで生活をしてきました。

今では、スマートデバイスなどを活用し、ボタン一つでコミュニケーションやショッピングに至るまで画面一つあれば何でもできる時代になっています。
これから先は、AIの進化により個人の要望に合わせたモノ・コトが手に入る世の中へと発展していきます。
LIVINGTECH_112

一方で、ワークスタイルは、世界中のどこにいても仕事ができ、時間や働き方は自分で選択できるようになります。
さらに、仕事のパフォーマンスと生産性が向上していくはずです。

これらが社会に浸透すつことで私たちにもたらされるメリットは、1日の生活時間を有効に使い、自分の時間にも豊かさをもち、生きていけることにあるようです。

IoT家電が当たり前になった今、さらなる未来を語る登壇者達が、きっと私たちの生活を変えてくれるでしょう。
満足いく顧客体験からビジネスチャンスを見出す企業の今後の活躍に期待したいですね。

LivingTech2018FaceBookはこちら

Source: 日刊住まい